ラッキーはポイント制じゃないと思います

この記事は4分で読めます

ラッキーはポイント制ではないという画像イメージ




先日、
都内の上野にある
国立科学博物館に
行ってきたのですが、
さすがに国立ですね。
 
展示物が多い。
 
こどもの日だったので、
めちゃくちゃ混雑していると
予想していたのですが、
意外に大丈夫で
ラッキーでした。
 
たいがい藤崎は運が悪いので、
激混みの日に行ってしまって、
平日に行った場合の
半分も楽しめないということが
多々あるのですが(笑)

 
なんと、
この日は他にも運が良く、
駐車場にも、
ある程度すんなりと入れました。

 
しかも、
藤崎のすぐ後ろの車が
満車で入れなくなった、
というラッキーぶり。

 
ふと、
何か良くないことの前兆か、
と思ったのですが、
今のところ、
運を使い果たして
不幸が降りかかった、
ということはありません(笑)

 
まぁ、藤崎は基本的に
神頼みやお祈り的なものを
信じていないので、
「最近ツイているから、
 運を使い果たしたのでは・・・
 と感じて怖い」
という考え方をしない人間ですが。

 
藤崎も幸運が続くと、
ふと怖く感じるので、
言わんとしていることは
わかりますけどね。

 
ですが、
幸運が続きすぎて
怖いからと言って、
たまに自分から、
わざと失敗する人もいますけど、
そんなもったいなことは
しない方がいいですよ(笑)

 
よく考えると
「運を使い果たす」
という考え方自体が、
なんとも微妙なので。

 
運を使い果たすということは、
どこかでポイント制のような形で
運が管理されていて、
ラッキーなことが起こるたびに
ポイントが減っていく
ということになります。

 
でも、
そんな管理をしている人は
見たことがありません(笑)

 
まぁ、
そういうことを信じている人は、
霊的な存在が管理している、
と思っているのでしょうけど、
そんなことをして
一体何になるのか、
っていう話ですからね。

 
藤崎がいつも自分のことを
運が悪いと言っているのは、
そういうポイント制のことを
言っているのではなくて、
「よくタイミングや
 間の悪いところに出くわす」
という意味で
言っているだけです。

 
なので、
不幸なことが起こるたびに
「これでまた
 ラッキーポイントが貯まったぜ」
なんて思うこともありません(笑)

 
そんなことを言いだすと、
生まれた時から
難病にかかっていたり、
戦争の真っただ中で産まれて、
すぐに亡くなってしまう人の存在が
説明できません。

 
残酷な話ではありますが、
たまたまそういう状況下になった
というだけです。

 
不幸なことがあった分、
幸せなことがあって、
人生トータルで見ると
イーブンになるほど、
この世界はうまくできていません。

 
恵まれた状況で産まれて、
何一つ不自由ない生活をして、
苦しみなく
死んでいく人もいれば、
その逆もまた然りです。

 
厳密に言ってしまうと、
何が幸せで、
何が不幸せかという基準すら、
人それぞれですよね。

 
なので、
神様でもいない限り、
全員の幸せや不幸を
等しい値にすることなんて
できません。

 
何度も生まれかわるからと言って、
「次の人生では・・・」
なんて話をする人もいますが、
そんな風に
考えてもわからないことや
不確実なことに時間を割くよりは、
目の前の状況を良くする方が、
はるかに有意義だ、
と考えるのが藤崎です。

 
昔の人は、
他国や自然災害から身を守るために、
頑張って仏像やお寺なんかを
作ったそうですが、
そんな意味のないことに
時間と労力を使うのはやめましょう。

 
「一心不乱に
 南無阿弥陀仏と唱えれば
 極楽に行ける」
とか、
「日曜日には
 教会でお祈りをするべきだ」
なんて話を聞くと、
「もっと他に
 やることがあるだろう」
と思ってしまいます。

 
仏教やキリスト教だけでは
ありませんが、
他の考え方を
受け入れることなく、
相手を攻撃して
戦争に発展させる、
という低レベルな発想なのに、
よく偉そうなことが言えるなぁ、
と思わずにはいられません。

 
「仏の顔も3度まで」
なんて言葉がありますが、
仏が怒らなければならない
理由がわかりません。

 
こういう言葉からも、
神や仏が人間の分身として
作られた概念だということが
わかりますよね。

 
神様も怒ったり、
戦争したりしますよね。

 
海の神や山の神、
風の神などといって、
色んな神様が出てきて、
争ったりします。

 
偉大な存在なのに、
どうして怒らなければ
ならないのか。

 
怒るということは、
それだけ余裕がない、
ということなのでしょうが、
どうして偉大なる存在なのに
余裕がないのでしょうか。

 
藤崎からすると、
「万物を作った
 神様を怒らせるには
 どうすればいいか?」
と質問されたとしたら、
答えることができません。

 
「全てを創造した神や
 偉大な仏は、
 何をされたら怒るのか?」

 
大喜利みたいな回答しか
思いつかない藤崎です(笑)

 
そんなことを何百年、何千年と
語り継いで信じてきた人たちは
本当に素直なんだなぁと思います。

 
まぁ、神話などは
物語としては面白いので、
現代のドラゴンボールや
ワンピースなどが、
これから何十年と
語り継がれていくことと
同じようなニュアンスなのかも
しれませんが。

 
ゴールデンウィークの
ラッキーな経験から、
そんなことを思った藤崎でした。

 
皆さんも、
「ツキ過ぎて怖いから、
 わざと失敗しよう」
なんて思わずに、
できる限り貪欲に、
良い方向に向かえるように
頑張ってくださいね。

 

 
P.S.

今日は用事で
久しぶりに横浜に来たのですが、
暖かくなってきたせいか、
街が賑わっている感じがしました。

 
これから
暑い夏に向かっていく感じが
良いですね。

(藤崎は夏が大好きです)
 

ではでは。

<参考>
>>藤崎の子育てブログ「国立科学博物館へ行きました」




この記事もおもしろいかもしれません

>>数万円のお小遣いを簡単に稼ぐ方法

>>チラシ配りのバイトを体験した感想、良い所、注意点など

>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ

>>継続して副収入を得ながら、独立の基礎を学ぶ方法

>>長く働くために重要なこと~カラオケバイトの仕事内容

>>適職探しと面接対策を約30分でできるコスパ抜群の方法

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

>>車のタイヤセールスをサラッとかわした話

>>金持ち・稼ぐのが悪でない理由、心理、注意点~経済の原理を簡単解説

>>お金の3つの使い方を把握し、効率的に成功に近づく方法と注意点

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>人から好かれるための方法は、公務員試験合格にもつながる

>>定年まで雇用が約束されるのは本当に安心できることなのか

よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コールセンターのお仕事イメージ画像
  2. 相手の協力を得る画像キャプチャ
  3. 公務員の安定性イメージ画像
  4. iPhone7のデザイン画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。