「全く知らないこと」と「少しでも知っていること」は大違い

この記事は3分で読めます




藤崎の知り合いに町役場で働いている人がいるのですが、
実際に町民の方と接する仕事で比較的距離が近いためか、
クレームが多いようなんですね。

 

先日もクレームの話を知人から聞いたのですが、
そのクレームは職員の案内不足が原因で自分が損をした、
というような内容でした。

 

知人によると、
できる限り必要な情報は伝えるよう努力してますが、
状況が人それぞれで違うので、
その人にとって何が必要な情報かどうかがわからない、
っていうことでした。

 

まぁ、確かにそれはそうでしょうね。

 

確かにその人がどういう状況で、
どういう情報が必要なのかわからないと、
その人にとって必要な案内はできないでしょうね。

 

人によっては、
「いらないことをベラベラ言ってないで早くしろ!」
っていう人もいるみたいですから。

 

なので、ある程度状況を伝えてくれないと、
その人に合った情報を伝えるのは相当難しいとのことでした。

 

その話を聞いて藤崎は、
「このサイトでお伝えしていることは間違えてないなぁ」
と感じました。

 

というのも、このサイトでは、
できる限り当たり前のことや周知の事実でも、
簡単にわかりやすく伝えています。

 

でも、人によっては
「そんなやり方があったなんて知らなかった!
 教えてくれてありがとうございます!」
とお礼を言ってくださる方もいらっしゃいます。

 

皆が当然のように知っていることや常識も、
人によっては未知の情報であり、
知っているか知らないかで、
今後の選択肢が大きく変わることはよくあります。

 

さっきの知人の話も同じで、
知っていれば違う手段や方法が取れて、
全然違う未来があったはずなのに、
知らないがために損をしてしまったということですよね。

 

存在すら知らない情報は調べようがないので、
その情報に行き着く可能性がかなり低いですが、
「何か聞いたことがあるな・・・」
と気付けば、インターネットで記憶を辿り、
調べることができます。

 

友達に聞いたり図書館で調べることもできますよね。

 

そういう情報があると気付けば。

 

つまり、
「全く知らないこと」と、
「少しでも知っていること」は、全く違うということです。

 

全てを把握しておく必要はないので、
必要な時が来ればしっかりと調べればいいのです。

 

ここで以前にも書いた、
「調べる力」が役に立つということですね。
↓↓↓
>>公務員にとって最も重要な意外なスキル(能力)

 

「0」と「1」は大違い。

 

今回はそんな視点で書いてみました。

 

藤崎が意図してやっていた
「当然の事柄をわかりやすく伝える」
ということも、そういう考えがあったからなので、
当たり前のことを書いていても、
「それくらい知ってるよ。バカにしてるのか?」
なんて思わないでくださいね。

 

1人でも多くの方が
幸せに近づけるようにやっていることですので。

 

ではでは。

 

P.S.

公務員の仕事や生活スタイルなんかも、
できる限り詳しくお伝えしようと思っているので、
もし知りたいことがあったらメールをくださいね。

ちなみに、藤崎のメールアドレスは無料のメルマガでお伝えしています。

人生をより良くするための役立つ情報が満載ですので、良かったら。

>>藤崎遊無料メルマガに登録してみる

 

この記事もおもしろいかもしれません

>>公務員にとって最も重要な意外なスキル(能力)

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。





 

よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。