公務員の残業時間と残業代が出るのかどうかという話

この記事は3分で読めます




メルマガの読者さんから
「公務員の残業はどの程度ですか?」
という質問をいただいたので、
今回はその辺りを取り上げてみたいと思います。

 

結論から言うと、公務員の残業に時間はまちまちです。

 

その人の仕事量や能力によって違ってきます。

 

ですが、課によって残業時間が少ない傾向にあるところと、
そうでないところがありますので、
個人の能力ではどうしようもないこともあります。

 

繁忙期や閑散期もあるので一概には言えませんが、
最低でも毎月10時間くらいの残業があることは覚悟しておきましょう。

 

しかしこれは最低限のラインであって、
実際に仕事に就いた時には残業時間が
100時間を超える場合もありますから、
あまり楽観視すると痛い目にあいます。

 

休日出勤を余儀無くされる職場も少なくないので、
規則通りに休めるとは限りません。

 

忙しい時は月に1日しか休みがなかったという話も聞きます。

 

運悪く残業時間がかなり多い部署に配属された時のことを
想定しておくのが良いと思います。

 

あと、残業代が出るかということなんですけど、
一般的には残業代は出ます。

 

世間の目はますます厳しくなっているので、
当然ながら無駄な残業は認められませんが。

 

で、ここからがどうかなっていうところなんですが、
実際のところは必要な残業代も出ていないところが結構あるようです。

 

というのも、
残業代が出る目安というのがある程度決まっているからです。

 

残業代も人件費なので、
予算の範囲内でしか出せません。

 

なので、仕事量が多くて残業しても追いつかないような部署では、
毎月残業時間が多すぎて残業代が出ないことがあります。

 

といっても、ある程度までは出ますが。

 

あとは職場の雰囲気によって残業してるのに
申請しないという部署もあって、
そういうところでは当然申請しづらくなるので、
残業代が出ないことになります。

 

先輩や上司がサービス残業してるのに、
自分だけ残業代をもらうのは引け目がありますよね。

 

そういった職場の雰囲気にも左右されるので、
本当に運次第ですよね。

 

なので、残業についてある程度のジャンルに分けると、以下に分けられます。

1.残業がない部署
2.残業があって残業代が全て出る部署
3.残業があって残業代が一部出る部署
4.残業があって残業代が全く出ない部署

 

たまに公務員が定時に帰れる仕事と思い込んでいる人がいますが、
ほとんどの部署は1ヶ月の間に何らかの残業があります。

 

そこを甘くみていると、
せっかく公務員に受かったのに後悔することになるので注意してください。

 

公務員なのでしっかりと残業が出ると思ったら大間違い。

(ちなみに、ちゃんと残業代が出る部署で休みなく働いた人は、
 1ヶ月で80万円稼いだそうですよ。

 役職は無かった方で。
 こう考えると稼げそうですが、
 1ヶ月の残業時間が100時間をゆうに超え、
 休みもなかったので死にそうだったとのことです。

 もう二度とやりたくないとか。笑)

 

ほぼ全員がしっかりと建前を立てていますが、
ちゃんと実践していない上司や先輩は結構いるもんです。

 

自分の所属部署や上司は選べませんので、
良いところばっかりイメージを膨らませて後悔しないようにしてくださいね。

 

ちなみに、藤崎に直接メールをくれるのは、
メルマガ読者さんだけです。

 

藤崎のメールアドレスは非公開ですから。

 

メルマガ読者さんには、
このサイトとは比べ物にならないほど有料な情報をお届けしているので、
良かったら登録してみてください。

 

いつでも辞められるので気軽にどうぞ。

 

あっ、それと無料です。

>>藤崎遊の無料メルマガに登録してみる

 

この記事もおもしろいかもしれません

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。





よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 貧しい老後のイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。