周りの人や環境が自分の行動に影響を与えるという意味

この記事は4分で読めます




今の暮らしに満足していない場合、
周りの人たちを観察してみると、
現場を打開する方法が見つかることがあります。

 

身近にいる人をよく見てみると、細かい違いはあるものの、
大きな視野で見てみると案外似たようなところがある気付きます。

 

似たような学校に通い、
似たような家に暮らし、
似たような仕事をして、
似たような生活をしています。

 

なぜだかわかるでしょうか。

 

それは皆が皆、
似たようなことをしているからです。

 

同じような生活スタイルで、
同じようなことを学び、
同じようなことを考えていれば、
自ずと行動も似てきます。

 

「思考は現実化する」
という言葉がありますが、
これがわかりやすい例と言えるでしょう。

 

どういうことを考えるかで、
どんな行動を取るかが決まってきます。

 

お腹が減ったら何か食べるでしょうし、
眠くなれば寝るでしょう。

 

普通、お腹が減ったからといって、絵を書いたりしません。

 

絵を書いても食欲を満たせませんから。

 

眠たい人は、わざわざクラブに出かけたりしません。

寝れませんから。

 

こんな単純な話からわかることは、目的を達成するためには、
正しい努力をしないといけないということです。

 

プロ野球選手になるために血ヘドを吐いて空手の練習をしても、
決してプロ野球選手にはなれません。

 

それと同じで、現状を打開しようと思ったら、
今までと同じことをしていてはいけません。

ここまではわかりますよね。

 

なので、まず最初にやらなければいけないことが
「目的を定める」ことです。

 

目的地がわからなければ、
一体どっちにいけばいいのかわかりません。

 

だから、何を差し置いてでも、
「一番最初にやるべきことは目標設定だ」
と言われるのです。

 

ここら辺まではついてこれる人が多いのですが、
次のステップにいくと、突如として混乱してしまい、
意味不明の行動に出てしまう人がたくさんいます。

 

その次のステップとはこちら。

 

「目的を達成するために何をすべきか」

 

目的を達成するのに
必要な能力や必要な準備がわからない人が本当に多いんです。

 

だから楽しい毎日を過ごしたいと心で願いながら、
つまらない生活を送ることになるのです。

 

周りの人はこんなことを言ってませんか。

 

「もっとイケてる恋人がいればなぁ」
「ゆっくり休みがあったらいいのになぁ」
「たくさん旅行に行けたらいいなぁ」
「もっともっと遊べたらなぁ」

 

こんな風に願望を
実現不可能な夢のように言っている人がかなり多いですが、
こういう人たちはすべからく、
願望を叶えるために何が必要なのかがわかっていない人たちです。

 

例えば、素敵な恋人が欲しいのなら、まずはどんな人が良いのか、
具体的にイメージを固めていく必要があります。

 

具体的なイメージができたら、
次はそういう人と出会えそうな場所をリサーチして、
次にそういう素敵な人に好かれるための努力をする必要があります。

 

どういう髪型や服装なら好きになってもらえる確率が高まるか、
どういう性格や話し方・話す内容がウケるのか、
というところを1つ1つクリアしていけばいいんです。

 

それと同じでゆっくり休みたければ、
どうすれば自由な時間が増えるのか考える必要がありますし、
旅行に行きたいなら時間だけではなく、
自由に使えるお金も増やす必要がありますね。

 

こんな風に、
目的を達成するためにクリアしなければならない課題を
細かく分けて小さな目標をたくさん設定するのです。

 

そうすることで正しい努力を積み重ねて実力を伸ばせるので、
ほとんど目標を達成したも同然です。

 

あとは実行していくだけですから。

 

しかし、これができずに迷路に迷い込む人が非常に多い。

 

先ほどの例で言えば、素敵な異性にモテるために、
流行りの芸能人の髪型や服装を徹底的に真似して見たり。

 

流行りの芸能人のカッコや髪型を真似しても、
お目当ての異性と接触せず、
遠くでカッコばかり気にしている人なんて、
普通モテないですよね。

 

でもそういうことがわからないんですよね、本人は。

 

自分では頑張ってるつもりでも、
間違った方法にむかって努力しているので、
ほとんどの場合においてその努力は身を結びません。

 

こういうことを繰り返しているうちに、
不満や願望ばっかり口にして、
実行に移さない口だけ人間ができあがってしまうわけです。

 

このサイトを見てらっしゃる方は学ぶ意欲が高い人が多いので、
今はできなくても貪欲に学んで人生を良くしていく人が多いです。

 

小さな学びが将来を大きく変えることに気付かず、
これまでもこれからも、ビール片手にプロ野球中継に熱中し、
偉そうに文句をつけるオジサンとはわけが違います。

 

公務員になりたければ、
飲み会に行くよりも勉強や調べ物をすべきである。

 

至極簡単なことですよね。

 

何かを達成しようと思ったら、実行することが絶対に必要です。

 

やりたいことがあったら、とにかく実行に移してみましょう。

 

P.S.

実行と言うと身体を動かすというイメージが強いですが、
今回お伝えしたように、
正しい努力が必要かを具体的に考えることも立派な実行です。

 

要するに、
「〜したいなぁ」と思うだけで終わってしまってはいけない、
ということです。

 

具体的にはどうすれば良いかということは、
藤崎の無料のメルマガでお伝えしてるので、良かったら。

>>藤崎遊の無料メルマガに登録してみる

 

この記事もおもしろいかもしれません

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。





よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コールセンターのお仕事イメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。