公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

この記事は9分で読めます

お休みのイメージ画像




「何かと働く環境が整っている
 と言われる公務員ですが、
 実際のところ、ちゃんと
 休みが取れるんですか?」

 

読者さんから、
こんな質問をいただきましたので、
このページでは、
公務員の休みやすさについて、
書いてみようと思います。




公務員の有給付与日数

公務員は有給が多いです。

毎年20日付与されるので、
単純に計算すると、
毎月1日以上は休めます。

 

有給は次の年に
20日分を繰り越せるので、
40日分の有給がある人も
結構います。

 

近年、公務員の仕事は、
忙しさを極めてきているので、
有給が多くても消化できない、
というのが現状なんですね。

 

有給だけでも、
結構な日数になるのですが、
子どもが体調不良の時に
休める看護休暇、
夏季休暇・年末年始の
休みもあります。

 

うまく休みを取れれば、
毎週4日勤務ということも可能です。

 

ちなみに藤崎のパパっぷりは、
こちらのサイトで紹介してます。

>>横浜の子育てパパが日々学んだことを書き記します。



ただ、
休みが多いと言っても、
藤崎の感覚からすると
週4の勤務でも多いので、
将来的には週2くらいで
気の向いた時に
仕事ができるような
生活にしたいと考えています。

 

と言っても、公務員は
そんなことできないので、
独立して気ままに暮らそうと
考えているわけですが。

 

独立というと大げさですが、
藤崎の周りには、
少しずつ副収入を得ることから始め、
月に2~3万円程度を稼ぐ人は
結構多いので。

 

その先に独立が見える、
というわけですね。

 

実際は公務員だからと言って、
定年まで安心できるものではなく、
給料も少ないので、
どちらかというと負け組ですから。

(参考)
>>定年まで雇用が約束されるのは本当に安心できることなのか




ただ、新人のうちは、
休みが取りやすいかと言うと、
そうでもないと思います。

 

上司によっては、
休みを取りやすい部署も
あるかとは思いますが。

 

また、
公務員になった直後は
新人研修があるので、
この期間は
なかなか休みにくいです。

 

研修に参加する
時間数が足りないと、
もう一度同じ研修を
受けなおすこともありますから。

 

なので、事前に
どういった研修をするのか、
調べておいた方が
いいと思います。

(日々の業務や
 スケジュールも参考にされると、
 よりイメージが
 わきやすくなると思います。)

<参考>
>>公務員になって初めてやること=新人研修です。
>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)




民間企業だと、
勤務開始~半年程度で
約10日の有給が付与され、
その後1年で1日ずつ増えていく、
という会社が多いようです。

 

つまり民間企業では、
10年半も勤務して始めて、
公務員の初年度の有給と
同じになる、
ということですね。




有給の取りやすさ

公務員は、
民間企業の手本となる
必要があるので、
人事部や管理職は有給の取得率を
向上させようとしています。

 

そのため、
仕事に支障さえなければ、
職場には有給休暇を取りやすい
雰囲気があります。

 

名ばかりで休めない有給ではなく、
堂々と休めるのは嬉しいですね。

 

休みを取ることに対しての
マイナスイメージというのは、
民間企業ほどではなく、
比較的休みやすくて良い感じです。

 

ちなみに、藤崎が1年で
有給を使った日数は以下です。

1年目:20日
2年目:20日

 

看護休暇を使った日数は以下です。

1年目:10日
2年目:9日

 

結構な日数を休んでいますよね。

 

しかし決して暇な部署ではなく、
むしろ1・2を争う
多忙な部署です。

 

なので、
実際のところは、
かなりの時間のサービス残業をして
なんとか仕事をこなしている、
という実情があります。

 

ちなみに、
なんとか残業を
減らしたいと考えている藤崎は、
できるだけ早く
仕事を終わらすために、
毎日少しずつパソコンスキルを
磨いています。

 

パソコンの操作が早くなり、
資料作成などが早くできると、
その分仕事も早く済みますから。

 

そんな藤崎から見た、
公務員がよく使う
エクセルスキルや
パソコンスキルを
簡単にまとめてみたので、
良かったら見てみてください。

<参考>
>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。




民間企業だと、
「子どもの体調が悪いから休みたい」
と言っても、明らかに
迷惑そうな顔をする上司が多く、
かなり嫌な感じでした。

 

1人休まれると、
その分自分の仕事が増えるから、
という単純な理由なのですが・・・

 

働いている人にも、
休む権利がありますからね。

 

迷惑そうな顔をするくらいなら、
「さっさと他の仕事に取り掛かれよ」
って、いつも思ってました。

 

仕事を終わらせたら、
自分も休めますからね。

 

民間企業で働いている時は、
迷惑そうな顔をするだけならいいですが、
「代わりに出勤できる日を教えてくれ」
と言われてる人もいましたね。

 

「上司なんだから、
 そういうことはお前がやれよな」
って感じですよね。

 
「管理職はお前だろ。」と。

 

少し欠勤者が出たくらいで、
やっていけなくなるような管理じゃ
ダメですよね。

 

「ホント、しっかり管理しろよ」
って感じです。

 

子どもが熱を出して急いでいる時に、
そんな態度をされるので、
かなり嫌な感じです。

 

公務員では
そういう上司は少数派で、
近年は特に
ワークライフバランスが
重視されていることもあり、
自分や家庭も大事にしよう、
という考えている上司が
増えてきています。

 

毎日残業していると
上司の方から、
「お子さん大丈夫?
 あんまり無理しないで
 早めに帰ってね。」
などと、
声をかけてくださる方もいます。

 

こういう上司は、
かなり貴重ですので、
絶対に味方につけた方が
いいですよ。

 

人望を集められる上司は、
出世する可能性が高いですから。

(逆に神経質すぎて
 人望をなくす人もいますが。笑)

<参考>
>>公務員の飲み会から学ぶ、出世する人・人望がある人の特徴とは
>>公務員は神経質な人が異常に多いという話。




ちなみに
「○○さん、
 藤崎君の代わりに
 この仕事、
 やってあげてくれるかな。」
と上司の方から積極的に、
調整してくださる方もいましたよ。

 

そう考えると、
公務員の仕事は
働きやすく休みやすいので、
民間企業よりもはるかに
ワークライフバランスが良いです。

 

藤崎も民間企業から
公務員に転職した時は、
雰囲気の違いに驚いたと同時に
ショックを受けました。

 

「これが普通の職場というものか・・・」
って感じです(笑)

 

それだけ
公務員の職場は
雰囲気が良く、
ちゃんとした人が多い
ということです。

(と言っても、
 配属された部署や上司にもよるので、
 全部が全部、
 しっかりしているわけではありませんが。)

 

ちなみに、
普段のサービス残業が多い分、
休みがとれた時には、
子供と遊んだり、
ゆっくりと動画を
見たりしていました。

 

そういえば、
動画が好きな方は、
こちらの記事も人気です。

 

無料で海外ドラマや映画を見れて、
そのうえに
わずかではありますが
お小遣いがもらえるので。

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ




注意点

このように書くと、
公務員は休みまくっている、
と思われるかもしれませんが、
そうではありません。

 

冒頭でも触れましたが、
最近の公務員は忙しく、
昔のように暇ではなくなりました。

 

以前は
「民間なら1人でできる仕事を
 3人でやるらしい」
という噂が広がるほどラクで、
おやつ休憩があった、
という話も聞いたことがありますが、
最近の公務員は全く別物になりました。

 

民間の会社員より忙しい公務員も
ザラにいます。

 

公務員が忙しくなった理由としては、
以下の3点が主な理由です。

<公務員が忙しくなった理由>

1.年々制度が
  複雑になってきている。

2.公務員削減の動きが
  顕著になっている。

3.今までよりも
  高いスキルを求められている。
 (接客レベル・事務処理能力・
  リスク管理能力など)




こういった理由により、
なかなか仕事が終わらない、
という公務員も多く、
毎日14時間働く、
という公務員も珍しくありません。

 

そのため、過労で倒れたり、
精神的に病んでしまって
出勤できなくなるという人も多いです。

 

下手をしたら
過労死・自殺・事故死などに
つながります。

ちなみに、藤崎の知り合いには、
過労のため車の運転中に寝てしまい、
大事故を起こした公務員がいます。

 

その人は、その後、
仕事を辞めてしまいました。

 

まぁ、仕事よりも命が大事なので、
当然の選択ですが・・・

 

仕事に殺されたらたまりませんよね。

 

東大を卒業して大企業に入っても、
仕事を苦に自殺する人もいますから。

 

いまだに勉強さえ頑張って、
良い会社に入れば人生安泰だと
思っている人が多いですが・・・

 

一流大学を卒業するだけでは
ダメなんだってことに
早く気付かないといけないですよね。

 

まぁ、それは公務員になったら
一生安泰だと考えている人も
同じですが。

<参考>
>>過労死認定された東大卒電通社員の自殺理由と二の舞を避ける注意点
>>定年まで雇用が約束されるのは本当に安心できることなのか




誤解を生むといけないので、
念のため言っておきますが、
全員が過酷な労働を
強いられているわけではありません。

 

仕事のできない公務員や、
傲慢で自己中心的な公務員は、
他人に仕事を押し付けるので、
色んな公務員がいるということを
知っておいてください。

 

さらに公務員は、
異動を希望することはできますが、
それは単なる希望ですので、
どこに配属されるかわかりません。

 

つまり、運任せってことですね。

 

これは民間企業でも同じかと思います。

 

しょっちゅう
転勤している人もいますよね。

 

子どもがいると友達がいなくなったり、
ママ友もいなくなったりするので、
そう簡単には転勤できません。

 

ママや子どもを残して
単身赴任をする人も多いですよね。

 

でも、こうなってくると
何のため仕事をしているかわかりません。

 

家族のために働いてるのに、その結果、
離れて暮らすことになるんですからね。

 

なので転勤が嫌な方は、
地方公務員がオススメですよ。

 

やりたい仕事を選べませんが、
比較的休みを取りやすく、
転勤なしで安泰な生活が送れますから。

 

ただ、もし好きな場所に住み、
自分がしたい仕事をしながら、
自由な生活が送りたい方は、
公務員を目指す前に、
藤崎の無料メルマガを参考にしてください。

 

自分で稼ぐ力を身に付け、
幸せな人生を送るための考え方や
ノウハウを発信しているのですが、
「わかりやすくタメになる」
と言っていただけることが多いので。

 

ただ、
ある程度の知識がないと、
メルマガの情報は
逆効果になりますので、
ここでは掲載しておりません。

 

機会があったら
よろしくお願いします。




最後に。

 

色々考えるべきことが多いですが、
目先の生活費が必要だという方は、
取り急ぎで
仕事を探す必要があります。

 

そんな時は、
雇われて働くのが
一番手っ取り早いです。
 

これは
言わずもがなでしょうけど。

 

藤崎は
ニートやフリーターを
繰り返していたので、
仕事探しに関しては、
そこそこの知識と
経験があります。

 

そんな藤崎から
いくつかオススメのサイトを
お伝えしておきますね。

 
派遣を中心に紹介予定派遣や正社員の転職支援など、希望に応じた働き方をたくさん提案してくれますよ。

(いきなり正社員になると、ブラック企業だった場合に厄介なので、最初は派遣から始めるのがオススメです。)

マイナビスタッフ




資格を持っていらっしゃる方は、
この辺りのサイトもお勧めです。

薬剤師求人・転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円祝金】
看護師転職サイト『ナースJJ』
最新の医師の求人(転職・アルバイト)を探すには?

 

色んな状況の方がいると思うので、
その辺りに焦点を絞った記事も
今後、書いてみようと思います。

 

ではでは。







 

この記事もおもしろいかもしれません

>>長く働くために重要なことはカラオケのバイトから学びました

>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

>>適職探しと面接対策を約30分でできるコスパ抜群の方法

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

>>定年まで雇用が約束されるのは本当に安心できることなのか

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

>>車のタイヤセールスをサラッとかわした話

>>公務員は神経質な人が異常に多いという話。

>>その日暮らしの元ニートが公務員出勤初日に感じたこと(体験談)

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東大卒かどうかは年収に関係ない、初耳学、林修先生画像
  2. 自分に最適な携帯プランを見つけた女性のイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。