えのすいのイルカショーから学ぶ、目標達成のコツと注意点

この記事は6分で読めます

えのすいのイルカショー

先日、
えのすい(新江ノ島水族館)に
行ってきました。

 

何度か行ったことがあるので、
若干行き慣れた感はあるのですが、
今回、初めてイルカショーを見て、
とても新鮮で、
良いショーだなぁと感じました。

 

こういうショーを見るのが
久しぶりだったせいか、
昔に比べて、
ショーの質(レベル)が
上がっているなぁと思いました。

 

あっ、それとも
えのすいのショーは特に
レベルが高いんですかね?

 

京都の水族館でも
ショーを見たのですが、
ここまでレベルは
高くなかったので。

 

ショーの良かったところ

えのすいのショーは最初、
アシカショーから始まったのですが、
出演者のお兄さん、お姉さんは
爽やかで清潔感があり、
第一印象からして良い感じの外見です。

 

話し方や
ジェスチャー(手振りや仕草)も
ハキハキと元気良く、
こども向けの話し方をしてくれて、
とても好感が持てます。

 

今までのショーは、いかにも
飼育員をショーに出演させていた
というイメージですが、
先日のえのすいのショーは、
確実にその手の訓練を
積んでいる人たちのものでした。

つまり、
飼育員としてのスキルだけでなく、
人前で話をしたり、
ショーを楽しく見せるための
スキルも持っているということです。

えのすいのショーから学べること

今と昔のレベルの違い

えのすいのショーからわかること。

 

それは、時代が進むと、
それだけレベルが
上がってくるということです。

 

昔のアイドルと
今のアイドルを比べても、
歌や踊りのレベルは
雲泥の差がありますからね。

 

昔のアイドルのレベルじゃ、
今の時代は到底生きていけません。

 

逆に今の時代は、
一般人のレベルが高くいので、
過去にタイムスリップできたら、
確実に売れっ子になるだろうな、
っていう人がたくさんいます。

 

これは芸能界だけでなく、
他の世界でも同じです。

 

昔のサラリーマンは、
礼儀・気配り・身だしなみなど、
基本がなってない人が多く、
接客業や電気工など、
技術者のレベルも段違いです。

 

つまり、
何が言いたいのかというと、
昔よりも今の方が、
そして、今よりも未来の方が、
レベルが高い傾向がある、
ってことです。

レベルの違いがもたらすもの

目標設定

では、
昔と今のレベルが違うことで、
何に気をつける必要が
出てくるのか。

 

それは、目標を決める時に、
今のレベルを基準にして考えると、
数年後の目標達成時には、
それほど目立った成果では
なくなっている可能性がある、
ということです。

 

今、自分で部品を買ってきて、
パソコンを作れたら、
結構スゴいと思うのですが、
100年後には、
パソコンを作れるくらいは、
当然になっているかもしれません。

(レベルが上がりすぎて、パソコンすら
 なくなっているかもしれませんが。笑)

20年前には、
エクセルやワードを使いこなせる人は、
パソコンができる人とみなされ、
スキルがあると思われましたが、
今やワード・エクセルは、
ほぼ必須スキルとなっています。

 

まぁどの程度できるかにも
よるでしょうけどね。

 

このように、時間が経つに連れて、
レベルが上がっていくこと、
っていうのは結構多いので、
目標は少し高めに
設定する必要があります。

 

と言いっても、
目標を高めに設定しても、
目標達成が遅れれば、
あまり成果が得られないんですね。

 

これは最初にもお伝えしたとおり、
目標達成が遅れるということは、
周りの人のレベルが
底上げされてくることを
意味するからです。

 

目標設定のキホン

目標は、
高く設定するべきですが、
目標達成が遅れてはいけない。

 

なら、どうすれば良いか。

 

これは有名なやり方なので、
ご存知の方も多いと思うのですが、

「最終目標を高めに設定し、
 そこまでの過程で、
 達成しないといけない小さな目標を、
 できるだけ小刻みに設定する」

という方法です。

わかりやすく言うと、
旅行なんかと同じです。

 

自転車で東京から大阪に行こう、
という目標を立てたら、
まずは横浜を目指し、
静岡、名古屋、京都などを通って、
目的地の大阪を目指します。

 

これをやっておくことで、
全体の進行状況を
把握しやすくなるという
メリットがあります。

 

目標設定のコツ

目標を定め、
そこまでたどり着くための、
細かい課題を決めたら、
次に決めるべきは、
「期限を決める」
ということです。

 

最終的に目標を達成することが
遅くなってしまわないよう、
「いつまでに何をすべきか」
を明確にしておくことが
大事だということです。

 

先ほどの旅行の例でいくと、
「いつまでにどこに行く」
と決めることで、ダラダラと
時間をかけてしまうことを
防ぐんですね。

 

このように
最終目的地までの道のりを
できるだけ細かくして、
さらにそこまでの
時間を設定することで、
全体の管理がしやすくなります。

課題を細かくすることで得られるメリット

では、なぜクリアすべき課題を細分化して、時間を設定しておくのか。

 

それは、
「最終的な目標達成のために、
 今日、なにをすべきかを把握するため」
です。

 

世の中の多くの人は、
大きな目標を設定するものの、
細かい課題をあやふやにしたまま
走り始めるので、
いつまで経っても目標が達成できず、
諦めてしまうことになるんです。

 

細かい課題を
しっかりとわかっていないと、
本当に目的に
近づいているのかすら、
わからない状況になります。

 

目標を達成するための肝

最後に、
目標設定の肝をお伝えしておきます。

 

これまでの話で、
なんとなくわかったかもしれませんが、
「いつまでに何をやるか」
を把握するためには、目標達成までの
俯瞰図を見る必要があります。

 

全体像をとらえることで、
今、自分がいる場所と、
今、自分がやらなければいけないこと、
これからやらなければいけないことが
見えてくるということです。

 

目標達成の過程では、
うまくいかないことがたくさんあります。

 

その時に、
何がいけなかったのかを把握する力、
と言うとわかりやすいでしょうか。

 

うまくいかなった原因と対策を
しっかりと考え直し、
正しい方向に
軌道修正する力が必要です。

 

そして、また全体を見ながら、
目の前の課題をクリアしていくことの
繰り返しで目標を達成できます。

 

この肝の部分を
しっかり理解しておいてください。



例えば、
公務員になろうとして
試験勉強を始め、
とりあえず教科書や参考書を
片っ端から読もうとする人がいますが、
それをやっていると、
いつまでも合格することができません。

 

公務員試験の範囲は膨大ですから、
参考書を読むだけでも
数か月はかかるでしょう。

 

さらに、
それを頭に入れようと思ったら
10年以上かかることは
間違いなしです。

 

でも、実際には半年~1年で
公務員試験に合格する人もいます。

 

そこから学ぶことは、
できるだけ効率的に
勉強をする必要がある
ということですね。

 

具体的に言うと、
過去門から試験の傾向を調べたり、
わかりやすい参考書を調べたり、
合格できそうな受験先を選んだり。

 

少しシビアなことを言いますと、
頑張ればいいってものではありません。

子どもの時には、頑張るだけで
褒められることもあったでしょう。

 

しかし、大人になると
そう甘くもありません。

 

求められるのは成果ですし、
自分が何か目標を達成したい
と思って努力する時にも、
求めるものも成果だと思います。

 

「頑張ればそれでOK」
という考え方をやめないと、
いつまでも結果が出ません。

 

成果が出ないよりも、
成果が出た方が嬉しいですし、
その後のやる気も出ます。

 

やる気が出たら、
もっと頑張れるので、
もっと成果が出ます。

 

逆に、頑張っても成果が出ないと、
モチベーションが下がって、
努力することがどんどん無意味に感じ、
頑張らなくなってしまいます。

 

そういう意味でも、
しっかりと成果を出して、
モチベーションを上げ、
更なる成果を出していく必要があります。

 

目標設定や成果を出すための方法は、
人によって全然違うので
とても難しいですが、
基本を押さえ、
自分に合ったやり方を見つければ、
恐れることはありません。

 

少しずつ頑張っていけば、
身についてくるので、
見て見ぬ振りをして
ゲームやテレビに興じるより、
努力してみましょう。

 

実は、そちらの方が
はるかに楽しいですよ。

 

テレビやゲームは、
レベルが上がるったり、
成果を出せたことが目に見える上、
簡単に結果が出せるので、
一時的には楽しいですが、
何かを生み出すことはないですから。

 

いくらゲームのレベルを上げても、
現実世界では何も得られません。

 

自分で成果を出す楽しさを知ると、
娯楽に興じることが
もったいないことだとわかります。

 

まぁプロのゲーマーなら別ですが。

 

ちなみに、プロになると
ゲームをしたくてやっているのか、
やらされているのか、
わからなくなるようです。

 

遊びだったら楽しめたことが
「やらなければいけない」
という義務になると、
楽しめなくなることは、
意外に多いですから。

この記事もおもしろいかもしれません

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。




よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自分に最適な携帯プランを見つけた女性のイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。