チラシ配りのバイトを体験した感想、良い所、注意点など

この記事は9分で読めます




以前、
コンビニのバイトについて
書いたところ、
面白いと反響を
いただきました。

<前回の記事>
>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

 

なので今回は、
チラシ配りの
バイトをした時の話を
書こうと思います。
 

チラシ配りの仕事

藤崎が配っていたチラシは
ピザ屋さんのチラシです。

 

藤崎が初めて
バイトをした時の話。

 

高校生の時なのですが、
他のバイトよりも飛び抜けて
時給が高かったので
始めてみました。

 

高校生なのに
時給950円でしたから。

 

この時の
高校生のバイトというと、
900円で最高レベル
という感じでしたから、
950円の時給は
段違いでした。

 

こんなに時給が高いということは、
難しくて辛い仕事なのかなぁ、
と思いながら、
ビビッて応募したのですが、
働いてみると
全くそんなことはなく、
「時給としんどさは比例しない」
ということを
知った藤崎でした。

 

面接に行くと、
「チラシ配りは
 かなりの体力勝負なので、
 3時間以上働いても
 効率が薄れる」
という理由で、
1日に3時間しか働けない
と言われたことも
物怖じした原因だったと
思います。

 

また面接の時に、
「かなりしんどい仕事だよ」
何度も言われたので、
初めてのバイトだった
ということも相まって、
ムチャクチャしんどい仕事を
選んでしまったと、
少し後悔してしまいました。

 

しかし、
藤崎は運動が割と得意で、
まだ高校生だったこともあり、
体力に自信があったので、
面接では
「全然大丈夫です」
と、無理して答えて
働き始めました。

 

ちなみに藤崎は、
面接が得意なので
ほとんど落ちたことが
ありません。

 

100倍以上の倍率でも
受かったことがあるので、
面接が苦手と言う方は
こちらを参考にどうぞ。

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

初めて面接で落ちたのが、
この時から約5年後の
クラブハウスでの面接です。

 

あまりにも
合格ばかりなので、
ふざけた回答をしすぎて
不採用になってしまいました(笑)

 

チラシ配りの仕事内容

藤崎の予想通り、
チラシ配りのバイトは
そんなにしんどいものではなく、
むしろかなりラクな仕事でした。

 

仕事の流れとしては、
出勤したら制服に着替え、
店長から配布地域の地図をもらい、
自転車にチラシを乗せて配り、
帰ってきたら配った枚数を
数えるという仕事です。

 

約2,000枚程のチラシを
自転車に乗せ、地図を片手に
1枚1枚ポストに入れていくので、
典型的な地味な仕事と言えます。

 

かなり遠いところまで行ったり、
坂道や複雑な道を行くこともあり、
途中で迷うこともあるので、
体力勝負の仕事ではありますが、
言うほどのものではありません。

 

バイトは授業終わりの
16時~17時頃から始めるので、
終了時間は
19時~20時くらいになり、
帰ってくる頃には真っ暗です。

 

かなり暗い夜道を1人で
歩き回らなければいけないので、
怖い思いをすることもあります。

 

お墓の中に
1軒だけ家があって、
そこに配らないといけないことが
あったのですが、
夜のお墓はさすがに怖かったですね。

 

もちろん周りには
人っ子1人いませんし、
むしろ全く人気がありません。

 

その中で、お墓の中を通って
チラシを配らないといけないので、
相当怖かったですよ。

 

で、お墓の中にある、
たった1軒の家に無事配って、
お墓を出た直後、
ふと右側にある家の窓を見ると、
大男の影が微動だにせず、
じっと立っている影が
映っていました。

 

この時が藤崎の人生の中で
一番驚いた瞬間でした。

 

マンガみたいに
「ビクッ!!」
と肩をすくめて、
その大男が何をするのか
恐る恐る見ていたら、
そのままずっと
何もしないんです。

 

あまりにも動かないので、
よく見てみたら、
タンスらしきものの上に、
ポットが1つだけ置いてあって、
それが大男に見えた
ということに気付きました。

 

今だに、なぜ
タンスの上に1つだけ
ポットを置いていたのかが
謎なのですが、
九死に一生を得た藤崎でした(笑)

 

まぁ、こんなことが
たまにあったのですが逆に言うと、
1人で歩きまわるということは、
他の人からとの関わりがないので、
かなり気楽だとも言えます。

 

体力的にしんどかったり、
夜道が怖かったり、
ということはありますが、
精神的にはかなりラクだったので、
相当良いバイトでした。

 
本当はいけないことですが、
よく公園で休憩してましたし、
たまに、友達に借りていたCDを
返しに行ったりもしました。

 

返すだけでなくって、
そのまま話をしてたので、
かなりゆるいバイトだった
と言えます。

 

チラシ配りのバイトの良いところ

気楽に働ける

先ほども話に出ましたが、
チラシ配りは、
基本的に1人でやるので、
かなり気楽に働くことができます。

 

このバイトは
藤崎の初めてのバイトだったので、
気楽さの重要性に
全く気付いていなかったのですが、
自分のペースで気楽に働ける
っていうのは、本当にレアで
貴重なバイトです。

 
たいがいの仕事は、
上司や先輩、同僚との
人間関係がわずらわしく、
いつも気を使わないといけないので、
気疲れしてしまいますが、
チラシ配りのバイトは
そういうこととは無縁です。

 

出勤日に指定された地域で、
ある程度の枚数を配れれば
それでいいので、
本当にラクなバイトです。

 

面接の時に言われた
「この仕事はかなりキツイよ」
というのが間違いだとしか思えません。

(体力がない人には
 確かに辛いかもしれませんが、
 人間関係の煩わしさを考えると、
 比べようもないほどラクな仕事です)

 

体力がつく

チラシ配りのバイトは
自転車で配布エリアまで行って、
そこからは徒歩で
一軒一軒の家にチラシを配ります。

 

時にはエレベーターのない
マンションやアパートもあるので、
何度も階段を上ったり、
下りたりしなければならず、
結構な体力が必要とされます。

 

そのため、
数か月もすると体力がついてきて、
健康にも良い仕事だと言えます。

地図に強くなる

配布される地域の
地図を見ながらチラシを配るので、
正確に現在地を把握して、
決められたエリアに配布する
必要があります。

 

なので、必然的に
地図に強くなります。

 

まぁ今は車に乗る時にも
ナビがあるので、
地図に強くなっても、
あまり良いことは
ないかもしれませんが・・・

 

出勤日を自由に決められる

チラシ配りは、
この日にやらなければいけない
ということがないので、
いつ出勤しても大丈夫です。
 

出勤日数が少な過ぎると、
チラシが配れなくなるので、
「もうちょっと出勤日数を
 増やしてくれないか」
と言われますが、
「〇月〇日に出勤してくれ」
などとは言われません。

 

なので、2週間~1ヶ月の間で
出勤できる日に働けばいいので、
全然問題なく対応できます。

 

その上、他のチラシ配りの同僚と
出勤日がかぶっても問題ないので、
自由にシフトを組めると考えて
大丈夫です。

 

また、出勤日に都合が悪くなっても、
代わりに別の日に働けばいいので
休めんでも特に
とがめられることもありません。

 

出勤後にピザを食べられる

これは店舗によって
違うようなのですが、
藤崎が働いていたお店では、
働いた後にピザが食べられました。

 

毎回、
「好きなピザを食べていいよ」
って言われるので、
同じ時間帯にバイトが終わった人と
遠慮なく食べてながら
話していました。

 

藤崎のお店では、
1人1枚食べて良かったので、
他のバイト仲間とシェアしながら
楽しくおしゃべりしながら
ゆっくり過ごせます。

 

藤崎の場合は、
結構ウマが合う人が多かったので、
とても楽しい時間で、
懐かしい青春時代って感じの
バイトですね。

 

たまにオーダー間違いなどで
余ったサイドメニューも
食べさせてもらえたので、
色んな意味で
「オイシイ」バイトでしたよ(笑)

 

チラシ配りのバイトの注意点

暗くて知らない道が怖い

先ほどもお話ししましたが、
チラシ配りのバイトでは、
知らない地域に行くこともあり、
時間帯によっては
暗い中で配らなければいけないので、
怖い思いをすることがあります。

 

変質者などもいるので、
女の子には
オススメできない仕事です。

 

藤崎が働き出して数年が経つと、
新人さんに教える立場になり、
たまに女の子の新人さんに
教えることもあったのですが、
ほとんどがすぐに
辞めていってしまいましたので。

 

マンネリ化する

チラシ配りのバイトは、
1人で黙々とチラシを配るので、
人によっては、
相当つまらないと思います。

 

暑い日も寒い日も
外で自転車に乗ったり、
歩いたりしながら
チラシを配るだけの仕事ですので、
やりがいみたいなものは、
ほとんどないと思います。

 

1日に配る目安があって、
それを大幅に上回ると、
「頑張ったなぁ」
という感じはしますが、
所詮、その程度です。

 

チラシを配った結果、
どれだけ売り上げが増えたか
などはわからず、
特に褒められたりすることもないので、
マンネリになってしまい、
徐々に出勤するのが億劫になり、
最終的には辞めてしまう、
という人もたくさんいました。

 

ちなみに藤崎は
大学受験の勉強が忙しくなってきて、
バイトどころではなくなって
辞めてしまいました。

 

隠れて監視される

ただ、後から聞いた話だと、
バイトを始めた当初は、
全員、後ろから上司が付いてきて
監視されてたらしいんですね。

 

ちゃんと配っているかどうかを、
隠れて見られるので、
ここでサボっているのが
バレたらアウトですね。

 

時給が高いので、
色んな人がバイトに来ましたが、
「すぐに辞める人が多いなぁ」
と思っていたら、
どうやらサボって
クビになっていたようです(笑)
 

隠れて様子を見られるのは
最初のうちだけなので、
その後は、よほど怪しくない限り、
監視されることはないそうです。

 

その人の素行が悪かったり、
配布した地域からの注文が
少なすぎたりした場合は、
慣れてきた後でも
監視されることがあるそうですが。

 

というのも、チラシ配りに出て、
チラシを配らずに、
捨ててくる人がいたからなんですね。

 

これも後から知ったのですが、
クビになった人がいたそうです。

 

ちなみに藤崎も疑われたことがあって、
藤崎が配布した地域で、
翌朝、大量にチラシが捨ててあった、
とクレームが入ったからです。

 

藤崎が配った日の翌朝に
捨ててあったのですから、
当然藤崎が真っ先に疑われ、
店長に呼び出されて、
問い詰められました。

 

藤崎が何度も
「知らない」と言ったところ、
どうやら信じてくれたようで、
クビにはなりませんでしたが、
完全に疑いが晴れたわけでは
ありませんでした。

 

しかし、店長も
「自分が配った地域で
 チラシを捨てるのも変だし、
 昨日は注文も来ていた」
と言って、ほぼ信じてくれましたが。

 

しかも、藤崎の素行は良いと
思わていたようなので、
日ごろの行いが良いこともあって、
信じてもらえたのだと思います。

 

チラシ配りの仕事をする場合には、
こういうところに
注意する必要があります。

クリスマスイブが休みにくい

ピザ屋さんが1年の中で
最も忙しい日は
クリスマスイブです。

 

そのため、
クリスマスイブだけ、
「チラシ配りの要員ではなく、
 注文受付の要員として働いてくれ」
と言われます。

 

ほとんど全員総出で
出勤になるので、
かなり休みにくく、
休めるのは、
相当のベテランの
バイトさんくらいです。

 

社員さんは
全員総出が確定ですし、
バイトでもベテラン以外は
ほぼ強制出勤です。

 

しかしバイトの中でも
ベテランさんは最も休みやすく、
クリスマスイブに休める数人は、
ベテランさんだけです。

 

クリスマスイブに
休めないのはまだしも、
注文受付の仕事は、
年に1度しかやらないので、
全く慣れない仕事です。

 

しかも1年のうちに
メニューが変わるので、
また新しいメニューを
覚えないといけません。

 

クリスマスイブのためだけに
注文受付の仕事を
覚えないといけないので、
相当面倒なのですが・・・

逆に言うと、いつもの
マンネリ化した仕事から
離れられるので、
気分転換になるとも言えます。

 

クリスマスイブは
かなり忙しいですが、
クリスマスイブ独特の
楽しい特別な雰囲気があるので、
考えようによっては
良い1日となります。

 

また、クリスマスイブの
バイト終わりには、
ピザだけではなく、
「今日は頑張ってくれたから、
 サイドメニューのチキンなんかも
 食べていいよ」
って言ってもらえたので、
皆で楽しくクリスマスパーティーが
できた感じで、とても良いバイトでした。

 

しかもクリスマスイブは、
特別に時給が上がりますしね。

まとめ

最後にチラシ配りのバイトについて、
まとめてみます。

<チラシ配りのバイトの良いところ>
 1.気楽に働ける
 2.体力がつく
 3.地図に強くなる
 4.出勤日を自由に決められる
 5.出勤後にピザを食べられる

<チラシ配りのバイトの注意点>
 1.暗くて知らない道が怖い
 2.マンネリ化する
 3.隠れて監視される
 4.クリスマスイブが休みにくい

 

こんな感じです。
 

もう10年くらい前の話ですし、
お店によっても違うと思いますが、
参考になさってください。

 

最近はネットも
急速に普及しましたし、
自宅に居ながら
サクッと仕事を
探せるようになったのが
いいですよね。

 

特に若い人は
すぐに仕事が見つかるので、
そんなに困ることは
ないでしょう。
 
しかし、
無計画で頻繁に
仕事を変えていると、
藤崎のようになるので
注意してください。
 

20代を
フリーターとニートをしながら、
無計画に過ごした藤崎は、
その後苦労しましたから。
 

やはり計画性は重要ですね。

 
早めに
色んなことを勉強していれば、
格段にラクな
人生設計ができましたから。

 

20代をのんびり
暮らしたことで、
リカバリーが大変でしたよ。

 

派遣を中心に
紹介予定派遣や
正社員の転職支援など、
希望に応じた働き方を
たくさん提案してくれますよ。

(いきなり正社員になると、ブラック企業だった場合に厄介なので、最初は派遣から始めるのがオススメです。)

マイナビスタッフ
 

ちなみに、
最近の状況をふまえると、
求人案件が多く、
これから伸びていくと
予想される仕事があります。
 

そういった仕事に
早めに就いておくと、
業界が成熟した時、
ある程度の経験や
スキルがあるということで、
役職や給料が
上がる可能性があります。

 

なので、狙い目ですよ。
 

その業種は、
介護関係の仕事です。

 

高齢化社会が進んでいるので、
今後、ますます求人が
増えるでしょう。
 

そうなると、
人材を確保するため、
給料や福利厚生などの
職場環境が改善されることが
予想されます。

 

なので、
早めに就いておいた方が
得だということですね。

 

カイゴジョブ

 

資格を持っていらっしゃる方は、
この辺りのサイトもお勧めです。

薬剤師求人・転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円祝金】
看護師転職サイト『ナースJJ』
最新の医師の求人(転職・アルバイト)を探すには?

 

仕事の良し悪しで
生活は一変しますので、
自分にあった仕事が
見つかるといいですね。

 

ではでは。

この記事もおもしろいかもしれません

>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

>>数万円のお小遣いを簡単に稼ぐ方法

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>長く働くために重要なこと~カラオケバイトの仕事内容

>>適職探しと面接対策を約30分でできるコスパ抜群の方法

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

>>車のタイヤセールスをサラッとかわした話

>>金持ち・稼ぐのが悪でない理由、心理、注意点~経済の原理を簡単解説

>>健康にお金をかけるべき理由は、レミーが教えてくれるという話

>>過労死認定された東大卒電通社員の自殺理由と二の舞を避ける注意点




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。