年間100万円の節約術を駆使して、学びの時間を増やす方法

この記事は5分で読めます




藤崎は結構な倹約家で、
あまり無駄使いをしません。

 

普通なら財布の紐が
ゆるんでしまいそうな
お祭りやイベントの時でも、
あまり派手に使うことがないので、
いつも妻から関心されます。

 

基本的に藤崎は何事に対しても
コスパを重視するので、
割高なものや、
価値がないものには
お金を払いたくないという考えです。

 

しかし、多くの方は、
ちょっとしたことで財布のヒモが
ゆるんでしまうそうですね。

 

藤崎の妻は、
ことあるごとに、
大していらない物を買います。

 

藤崎の友達は
飲み会や遊びに
湯水のようにお金を使って、
お嫁さんにいつも
怒られているそうです(笑)

 

公務員は中間層だと
位置づけられていますが、
実際の収入から税金や年金など、
諸々の控除がされますので、
手取り額はさほど多くありません。

 

というより、
むしろ少ないくらいです。

 

藤崎より5年先輩も、
「安月給だから、家に帰っても
 嫁さんにコキ使われるんだよ」
と嘆いてました(笑)

 

そんな時に、
テレビで面白い節約方法が
紹介されていたので、
皆さんにも
お伝えしようと思います。

 

このサイトの読者さんは、
公務員を目指そうと考えている方や、
どんな仕事が自分に向いているのか、
と模索している方が多いので、
今のうちにうまく節約することで、
仕事の時間を減らせたり、
勉強費用に充てることができます。

 

必要なものを切り詰めるような
節約方法ではないので、
気軽に取り組めるのではないでしょうか。

 

では、いってみましょう。

 

ちなみに、
お金をうまく使う方法や、
お金が足りない時に
助けとなる道具については、
こちらを参考にしてください。

 >>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

 

一時的にではありますが、
サクッと数万円を
稼げる方法はこちら。

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ
>>ハピタスをさらに活用し10倍の収入を得る裏ワザ・注意点、お詫び

異色の節約方法とは

先日、
「ソレダメ」
というテレビ番組で
放送されていたのですが、
「必要なものだけど、
 買わないで手に入れることで
 節約する方法」
という内容が紹介されていました。

ソレダメ節約方法画像

 

節約家の藤崎にとっては、
なかなか興味深い内容だったので
見ていたのですが、
これが意外な方法だったんですね。

 

その方法というのが、
「懸賞で日用品などを当てる」
というものです。

 

懸賞なんて、子どもの頃に
遊び半分で応募したくらいで、
記憶から消え去っていたこともあり、
かなり意外な方法でした。

 

当然、子どもの頃に
応募する懸賞なんて、
当選人数3名とかなので、
当たるわけもなく、
すぐにやめてしまいましたしね。

 

しかし、
今回紹介されていた節約方法は、
大量に当選者が出る商品に応募して、
数多く当てることで
節約につなげるというものです。

 

薄利多売的な考えですね(笑)

 

具体的な節約効果

今回、懸賞を使って
うまく節約されていると紹介された
奈良部南さんは、
世帯の月収が43万円なのに対し、
毎月の貯金額が
約10万円にものぼるというツワモノです。

懸賞で節約する主婦の世帯年収などの画像

 

月収が43万円ということは、
年収は約516万円になるのですが、
そのうちの約100万円が
1年で節約ができるということなので、
相当貯まりますよね。

 

しかも、この節約方法は
1日に数分~30分程度で
気軽にできるそうなので、
敷居が低くて取り組みやすいのも
嬉しいですよね。

懸賞サイトで節約したものの一例画像

 

懸賞商品の中には、
シャンプーや洗剤、化粧品、お酒など、
色んなものがあるので、
当選すればするほど節約につながりますね。

 
ちなみに、高額な商品だと、
車やデジカメ、スマホなんかもありました。

 
見ているだけで楽しいですよ。

 

オススメの懸賞サイト

今回オススメされていたのは、
ネットでの懸賞応募です。

 

ネットを利用することで、
ハガキなどの無駄な出費がなく、
無料で応募できるという
メリットがあります。

 

昔はハガキで
懸賞に応募するのが主だったので、
当たらなかったら
ハガキ代を損する、
ということが多々ありましたが、
今はそういうリスクを
ゼロにできる時代になったということですね。

 

ネットの恩恵を最大限に活用した、
賢い節約方法と言えますね。

 

番組で紹介されていたのは
「懸賞生活」
というサイトです。

 
オススメされていたのは、
大量当選の案件ですね。

↓↓↓
懸賞生活サイトの大量当選リンクの画像

 

懸賞へ応募してみました

実際に
大量当選の案件を探したところ、
洗剤やシャンプーなどの
日用品がありました。

↓↓↓
懸賞生活サイトの日用品案件の画像

 

せっかくなので、
セグレタのシャンプー&コンディショナーに
応募してみたので、
どんな感じだったか残しておきますね。

 

リンクを辿っていくと、
花王のホームページにたどり着きました。

 

全く応募の欄が見当たらなかったので、
下の方を見ていくと・・・

 

真ん中くらいに
やっと応募欄があったので
クリックしてみると、
こんなページになりました。

↓↓↓

セグレタシャンプー懸賞応募画像

 

典型的なアンケートですね。

 

6つのアンケートに答える
というものなのですが、
自分で入力する項目はないので、
クリックだけで終了です。

 

ただ、次のページに行くと、
個人情報の入力欄があるので、
そこは入力しないといけませんね。

↓↓↓

懸賞生活セグレタ花王の個人情報入力画面画像

 

まぁ、住所などがわからないと、
懸賞に当たっても
届けてもらえないので当然ですが(笑)

 

個人情報の入力が終わると、
確認画面で入力内容を確認し、
完了ボタンを押せばおしまいです。

 

10,000名に当たるとのことなので、
結構期待が膨らみますよね。

 

また、当選したかどうかがわかったら、
お伝えしようと思います。

 

注意点

先ほど、ネットで応募できるので、
金銭的なリスクがない
とお伝えしましたが、
注意すべき点はあります。

 

というのも、懸賞の品が多くて、
魅力的なので、
無駄に色んな商品を見て
時間を浪費してしまう可能性があるからです。

 

このサイトでも
常々お伝えしていることですが、
お金よりも重要なのは時間です。

 

微々たる節約のために
多くの時間を費やしてしまうことは、
賢いやり方だとは言えません。

 

それなら
バイトをしておいた方が良かった
ということになるかもしれないので、
あまり時間をかけすぎてはいけませんね。

 

懸賞に応募する際には目的を絞って、
できるだけ短時間で
応募するように注意しましょう。

 

そうすることで効率良く節約ができて、
勉強などの時間を確保することができます。

 

どれだけ学び、経験するかによって、
将来は変わってくるので、
あまり節約にとらわれすぎず、
お金も時間も、
うまく自分に投資できるように、
バランスを見ながら
うまくやっていきたいものですね。

 

うまくお金を使ったり、
一時的な危機を避けるために
便利な道具はこちらです。

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

まとめ

では、今回の裏ワザ節約術について、
簡単にまとめておきますね。

 

<まとめ>
1.切り詰め型の節約が苦手な場合、懸賞で節約する。
2.懸賞サイトを使うことでお金をかけず応募できる。
3.当選確率が高い案件に応募する。
4.時間をかけすぎず、短時間で応募する。

 

少しでも役に立てたら幸いです。

 

ちなみに、懸賞は
お金を節約できても、
収入を増やすことはできません。

 

なので、簡単に
お金を稼ぎたい方は
こちらをどうぞ。

 

数万円程度なら、
すぐに稼げますので。

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ
>>ハピタスをさらに活用し10倍の収入を得る裏ワザ・注意点、お詫び

 

ではでは。




この記事もおもしろいかもしれません

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ

>>ハピタスをさらに活用し10倍の収入を得る裏ワザ・注意点、お詫び

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員は神経質な人が異常に多いという話。

>>その日暮らしの元ニートが公務員出勤初日に感じたこと(体験談)

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 10
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。