稼いで金持ちになることは良いことである理由~経済の原理

この記事は6分で読めます

金持ちGOLDイメージ画像




お金を稼ぐことは悪ではない

「先日、お金を稼ぐことは、
 価値を提供することなので、
 悪いことではない」
というお話をしました。

(参考)
>>先人たちの教えが正しいとは限らない(間違い・注意点など)

 

もっとわかりやすい説明している
サイトなないかなぁと探していたら、
yahoo知恵袋でわかりやすく
回答されているのを見つけたので、
シェアしますね。

 

経済をシンプルに表現した回答で、
今のところ、これ以上に
わかりやすいサイトは
見つかってませんので、
ぜひ参考にされてください。

 

経済の仕組みがシンプルに説明されていました

以下に、質問と回答をそのまま転載しますね。

 

富という物は、増える物なのだよ。そのメカニズムを説明いたしましょう。

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。(10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)

その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。

以上です。設定にやや無理がありますが、原理は真実です。世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。

要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。

今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。

(元の記事)
お金を儲ける事に遠慮してしまいます。自分で…

 

どうでしょうか。

 

かなりイメージしやすかったのでは
ないでしょうか。

 

実態はもっと複雑ですが、
その根底にある原理は、
こういうことなんですね。

 

お金を稼ぐと価値を提供でき、相手は喜ぶ

上の例のように考えると、
お金を稼ぐことが
相手のためになっているとわかります。

 

「相手にお金を払ってでも欲しい」
と思える家を手に入れたのですから。

 

つまり、これはお金という価値と
同等以上のものを得られた、
ということになります。

 

そして、もう片方の人は、
自分が作った家を提供することで、
家以上の価値があるお金を手に入れ、
さらに相手に喜びを与えられた、
ということになります。

 

「価値を生み出すことでお金を稼げて、
 双方がハッピーになる」

 

これは、少し前に流行った
WINーWINの関係ですね。

 

誰かがお金を稼いでも、
別の誰が困るわけではないし、
むしろ喜ぶ人が増えています。

 

今までの歴史を振り返っても、
そういう風にして、
社会は発展し、裕福になってきました。

 

1,000年前の人の暮らしと、
今の暮らしを比べてみれば明らかです。

 

昔の人にとっては
普通の生活だったとしても、
現代の人にとっては普通ではありません。

 

昔の庶民の生活は、
今の貧しい人たちの生活であり、
生活水準はどんどん上がってきています。

 

家は丈夫で綺麗になり、
道は舗装され、
コンビニに行けば、
たいがいのものが手に入り、
交通網が発達したことで、
移動もラクラクになりました。

 

今は貧しい人でさえも、
スマホを片手にゲームをしている時代です。

 

こんな風にして社会は発展し、
人は裕福になってきたのですが、
その要因は、
「価値を提供した人がいた」
ということです。

 

色んな人が
社会に価値を提供してきてくれたおかげで、
皆が裕福で便利な生活を
送れるようになってきたんですね。

 

そしてその代わりに、
価値を提供した人は、
それなりのお金を稼いできたわけです。

 

ちなみにお金の管理能力をアップし、
金欠を回避できるスグレモノの紹介しているので、
参考にしてください。

(参考)
>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

 

本当に「金持ちは悪」か

「金持ちは悪」と思われる理由

こう考えると、
「金持ちは悪だ」
というイメージは、結局、
恵まれない人や貧乏な人の妬みから
作られたものだと思います。

 

金持ちの中には少なからず、
悪どいやり方をする輩もいるので、
ことあるごとに、悪いところに
フォーカスしてきたのでしょう。

 

しかし、テレビやネットを見て
金持ちを批判する人たちは、
「金持ち」のおかげで自分がどれだけ
裕福な生活を送れているのか、
わかっていません。

 

今までに暮らしを裕福にしてくれた
多数の「金持ち」によって、
自分の暮らしだけでなく、
社会全体の生活水準が上がっている、
ということをわかっていないまま、
テレビやパソコンに向かって
愚痴を言い続けるのです。

 

裕福な人の文句を言っていても、
何の価値も生み出せません。

 

そんなことをしている暇があったら、
少しは「金持ち」を見習って、
社会に価値を提供するべきだと思います。

 

そうすれば自分も裕福になれるのに、
何の努力もしないまま、
グチグチと文句を言い続ける。

 

それこそが悪なのではないでしょうか。

 

もし、無意識のうちに、
「金持ちは悪だ」
というイメージを持っていた方は、
「本当に金持ちは悪なのか」
と今一度、考えてみることを
オススメします。

 

人は一部の欠点にフォーカスする

真っ白な壁に
黒いインクが一滴落ちていると、
どうしても黒い色に
注目してしまうのが人間です。

 

99%のホワイトな部分よりも、
1%の汚れに目がいってしまい、
考え方の基準や判断が狂います。

 

そのため、
実はすごく恵まれた環境にいるのに、
悪いところを過大視するがばっかりに、
不幸に感じてしまうことがあります。

 

その結果、
もっと良い環境で過ごしたいと思い、
現状を抜け出した結果、
もっと不幸になる、
という話はザラにあります。

 

藤崎も、後から考えれば、
恵まれすぎた職場で働いていたのに、
当時は嫌なことばかりに目がいって、
辞めた後に後悔する、
ということがありました。

 

仕事くらいなら別にいいですが、
一度失ってしまうと、
もう戻っては来ないものもあります。

 

恵まれた職場を辞めてからは、
「全体を見ず
 一部の欠点にフォーカスしてしまうことで、
 大事なものを捨ててしまわないよう、
 気をつけなければいけない」

と心に強くとどめている藤崎です。

 

このサイトをご覧になっている方は、
藤崎のようにならないよう、
色んな考え方を
身に付けていってもらえたらと思います。

 

より良い人生を送っていただけるよう、
考え方や具体的な行動を
藤崎の無料のメルマガでお伝えしているので、
こちらも良かったら参考にしてください。

↓↓↓
>>藤崎の無料メルマガに登録してみる
※現在、藤崎のメルマガはリニューアルのための準備をしています。
 より、わかりやすく、面白い内容にするためですので、ご了承ください。
 新しいメルマガは12月頃、配信予定です。

 

つまらなくて不満に包まれた毎日より、
楽しくて、明日が待ち遠しくなるような、
そんな日々をすごしたいですもんね。

 

本当に、心からそう思います。

 

今日もあなたにとって、
かけがえのない1日であることを
祈っています。

 

ではでは。




この記事もおもしろいかもしれません

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

>>先人たちの教えが正しいとは限らない(間違い・注意点など)

>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

>>健康にお金をかけるべき理由は、レミーが教えてくれるという話

>>過労死認定された東大卒電通社員の自殺理由と二の舞を避ける注意点

>>人から好かれるための方法は、公務員試験合格にもつながる

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員は神経質な人が異常に多いという話。

>>その日暮らしの元ニートが公務員出勤初日に感じたこと(体験談)

>>公務員が実際に使っているパソコンスキルを紹介(ショートカットキー、コマンド)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。