安くて高スペックなコスパ抜群のスマホから大富豪の基礎が学べる

この記事は6分で読めます




もはやスマホ探しが趣味

前からスマホを買い換えよう、買い換えようと思っていながらも、なかなか良いスマホが見つからず、1年以上も探している藤崎です。
 

今の時代、スマホも色んな機種があって、違いや価格を比べるのにも一苦労ですよね。
 

特に藤崎は、コスパを重視する性格なので、色んなサイトを見ては、他のサイトの情報と見比べ、一見同じ機能にしか見えないスマホの価格差なんかについて、「う~ん・・・」と首を傾げていると、2~3時間経ってしまうのは日常茶飯事。
 

今回は、そんなコスパにうるさい藤崎が、「コレは!」と思ったスマホを紹介します。

(コスパにうるさいと言うよりも、藤崎の場合は、単なる貧乏性なだけですが)

 

藤崎がスマホに求めるもの

まず、藤崎が求めているスマホ像というものを紹介しておきます。
 

藤崎は、ほとんどネットを使わないですし、電話もメールもしません。
 

お風呂にスマホを持って入ることもなく、アプリやゲームを頻繁に使うということもありませんし、ほとんど歩きスマホもしないので耐久力もいりません。

 

こういう理由で、CPUなどの処理速度やグラフィックス、防水・防塵機能なんかは全くのいらないんですね。
 

その代わりに欲しいものは、カメラ機能(写真・動画)、文字入力のしたはるんですかやすさ、大画面といったものです。
 

カメラ機能は、いつでも子供や料理を撮影できるようにできるだけ綺麗に撮れるものがいいです。
 

文字入力しやすいのと、大きな画面がいいというのは、全く同じ理由なのですが、藤崎はよく、移動中に気付いたことをメモする癖があるんですね。
 

散歩中や運転中などは、違う景色が移り変わるせいか、ふと面白いアイデアが浮かんだり、意外な解決策が見つかるものです。
 

これは以前に読んだ本に書いてあったのですが、作家さんや作曲家さんなど、何かを生み出す人にはとっても有効な方法で、ビジネスにおいても同じように重要であると言えます。

(何という本に書いてあったかは忘れましたので、また思い出したら紹介します)
 

話が逸れてしまいましたが、藤崎が求めるのはこれくらいです。
 

カメラ機能と文字入力。
 

この機能に低価格という要素が加われば、即買いといった感じです。
 

コスパ抜群のスマホ

コスパ最強のスマホはコレ

色んなサイトを見た結果、最近、ようやくコスパ最強のスマホを発見したのですが、それがこのスマホです。

「freetel SAMURAI 極」の公式ホームページ画像01

 

freetel(フリーテル)という会社の「極(KIWAMI)」っていうスマホ。
 

このスマホは、当初59,800円で発売されたのですが、39,800円まで値下がりし、今はさらに1万円の値下がりをして、29,800円という価格になっています。

「フリーテル 極」の価格の画像

 

他のスマホと見比べてみるとすぐにわかるのですが、このスペックで29,800円は安すぎで、相当な低価格であることがわかります。
 

スマホの性能を比べるのは、非常にややこしいので、藤崎が長年のスマホ探しで培った知識と経験で、独断と偏見による大雑把な解説をします。
 

1からから10まで、細かく性能や価格差を把握したい方には物足りないと思いますが、そんなことをしていると、自分にあったスマホを見つけるのに1週間くらいかかってしまいます。
 

そんなに時間をかけて調べるのなら、その時間を労働に費やして、収入を上げた方が良いですよね。
 

多めに働いたお金で、もっと高性能なスマホが買えますから。
 

なので、サクッと候補を絞り込んで、さっさと買うのが1番だということですね。
 

藤崎のように、いろいろ詳しく調べてから買いたいと思って時間をかけすぎるのは良くないってことです(笑)
 

では、大雑把すぎる解説をしてみます。

(その前にどんなスマホか見てみたい方はこちら↓)

>>「freetel 極」を調べてみる

 

2,100万画素の高性能カメラ機能

「freetel SAMURAI 極」の公式ホームページカメラ機能の画像01

freetelの極(KIWAMI)は、驚くほど画素数が多く、デジカメ並みの性能を持っています。
 

通常、1,200万画素をラインに高性能と言われますので、2,100万画素は相当な画素数です。
 

画素数が多いほど、拡大しても綺麗な画像を保てるので、大きな画面で見る時などに最適です。
 

ちなみに2,100万画素というのは、フロントカメラの機能で、リヤカメラは画素です。
 

フロントは「前」という意味で、リヤは「後ろ」という意味ですが、正直わかりにくいですよね。

 

6インチの大画面ディスプレイ

「freetel SAMURAI 極」の公式ホームページ大画面ディスプレイの画像01

画素数の多い高機能カメラで撮った写真は、大きな画面でみたいものです。
 

極(KIWAMI)は、6インチの大型ディスプレイなので、大きい画面で写真や動画を楽しむことができます。
 

画面が大きいとネットで調べ物をする時にも見やすいので、ストレスなくネットサーフィンができ、YOUTUBEなどの動画も目一杯楽しむことができます。

 

また、藤崎としては、当然大画面の方が文字入力がしやすいので、いつでも気軽にメモをとれるので快適に使えるということになります。
 

ポケモンGOができるほどの高スペックスマホ

これは本来、一番最初に取り上げることだと思うのですが、「極(KIWAMI)」はCPUなどの処理性能が相当高いスマホです。
 

処理速度に関する細かい説明は省きますが、ポケモンGOがプレイできるほどのスペックがあるので、普通に使う分には全く問題なく、スイスイと快適に使えるでしょう。
 

藤崎としては、高機能のカメラと文字入力を重視していて、処理性能の重要度が低いので、こんなところで触れたのですが、本来なら真っ先に紹介すべき特徴・長所と言えます。
 

このスペックで29,800円は格安と断言できますし、現状、これよりコスパの良いスマホはありません。
 

自分が求める機能があった場合は、購入する際の候補に入れてみてください。

 

スマホを安く買う方法

フリーテルの「極(KIWAMI)」は、普通に買っても十分に安く、コスパの高いスマホですが、もっとお得に買える方法があります。
 

そうすると、フリーテルと契約することになりますので、もし他の会社と契約したいという方は、というサイトで買えますので参考になさってください。

 

通常はフリーテルで端末を買うと同時に電話やネット通信の契約をすることになるのですが、端末だけ買うこともできます。
 

イオシスというサイトがあるのですが、そのサイトでは端末だけ買うことができるので、電話の契約やネット通信の契約をする必要がありません。
 

商品の取り揃えや在庫状況が流動的なので、買いたい端末がないこともありますが、運が良ければ新品で格安のスマホを手に入れられるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

 

大富豪の教え

意外な盲点(端末の色)

イオシスでスマホを探していると、色によって値段が違うことがわかります。
 

単純に、人気の有無だと思うのですが、藤崎はスマホのカラーを全く気にしません。
 

性能や使い勝手が同じなら、迷わず安い方の色を選びます。
 

お気づきの方もいると思うのですが、スマホはケースに入れて使う人がほとんどですので、色は全くといっていいほど意味がないんですね。
 

一旦カバーを付けると、次のカバーを付けるまで外さない人がほとんどですから、結局、スマホ本体のカラーは9割以上、日の目をみないわけです。
 

そんなところにお金を注ぐなら、その分のお金で、もっといいケースを買った方が、はるかに満足感を得られますよね。
 

同じ金額のお金を使うなら、より満足感の大きい方にお金を使う。
 

言葉にすると、かなり基本的なことですが、これを実践できている人は多くありません。

 

大富豪ウォーレン・バフェットの教え

公務員試験の勉強をしてても、経済の教科で「価格と効用」などといって問題が出されますよね。
 

藤崎はもう忘れてしまいましたが、効用曲線がどうとか、需要と供給がどうとかって話です。
 

こういう勉強も大事ですが、実践できないと何のプラスにもならないので、机に向かって勉強することに満足するのではなく、そこからそうやって成長できたのかを楽しめるようになると、グッと成長できるので、そういうところを意識しながら日々学ぶといいと思います。
 

今回の話でいうと、安易に人気カラーを選ばない、つまり大勢の人が欲しいものを避けることで、同じものでも安く買えるというメリットがあります。

 

この考え方は非常に重要ですので、あまり意識してこなかった方は、是非ここで身に付けていってください。

 

株式投資で有名なウォーレン・バフェットも「安く買って、高く売る」という、最も基本的なことを愚直に繰り返して大富豪にまでのし上がりました。

 

基本的なことを守り続けることの大事さを忘れた時は、この言葉を思い出してください。

 

こういった意識の変化を少しずつ重ねていくことで、人間の行動というのは変わってきます。

 

焦らず、じっくりといきましょう。
 

P.S.
アプリを入れて、スマホとパソコンを同期させ、スケジュール管理をすると、予定を円滑に進められるので、よかったら試してみてください。
 

大画面ディスプレイの「極(KIWAMI)」は、見やすい分、スケジュール管理もしやすくなるので、毎日を効率良く過ごしたいという方にオススメですね。
 

最後に公式ホームページから、スペック表を転載しておきます。

「freetel SAMURAI 極」の公式ホームページのスペックの画像01

>>「freetel 極」を調べてみる




・facebook twitter やってます。

ブログの更新情報や、記事にするほどでもないような些細なことを書いています。

「新しい記事を書きました」
「今日はこんなことをして過ごしました」

なんてことを書いていますので、良かったらフォローしてください。

↓↓↓

・この記事もおもしろいかもしれません

>>独学で公務員試験に合格する方法~無料で学ぶ意外な裏ワザと注意点
幻の焼肉屋から学ぶセールス戦略をわかりやすく解説

>>独学で公務員試験に合格する方法~無料で学ぶ意外な裏ワザと注意点

>>意外だが、絶対に必要な「気付く」能力の重要性について

>>独学で公務員試験に合格する方法~無料で学ぶ意外な裏ワザと注意点

>>ドラッグから国の考え方・税金を考えてみた

>>がん予防・健康・美容・老化防止に良い緑茶を効果的に摂る方法

>>コールセンターの仕事がオススメである理由と仕事内容など

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ

>>継続して副収入を得ながら、独立の基礎を学ぶ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 10
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。