金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

この記事は12分で読めます




 

以前にも書きましたが、
お金の使い方や
管理ができていないと、
貧しい人生を
送ることになります。

(参考)
>>「家、ついて行ってイイですか」のスーパー浪費旦那は家族を幸せにできるか

 

大抵の人は、
お金を稼ぐことに
気を取られがちです。

 

そして、
「いかにお金を使うか」
という点については、
あまり注意を払いません。

 

しかし、
うまくお金を使えば、
どんどんお金を
増やすことができます。

 

つまり、
お金をうまく使うことで
収入を上げることができる、
ということです。

 

そのうえで、
浪費を少なくできれば、
お金はどんどん貯まるので、
精神的にも
豊かになっていきます。

 

逆にお金を稼ぐ以上に
無駄遣いをしてしまったら、
当然ながら貧乏になります。

 

最近はすっかり、
「キレる」という言葉が
定着しましたが、
すぐにキレる人は、
心の貧しい人が多いんですね。

 

そして、
精神的な貧しさは、
金銭的な貧しさが
原因であることが多いです。

 

先日、
いつものように働いていると、
怒鳴り声が聞こえたので、
様子を見に行ってみると、
お客さんがキレていました。

 

すると、
60~70歳くらいの男性が
「ちゃんと案内しなかったから、
 500円も多く
 お金を払わせられた!」
と激怒していました。

 

損するのは嫌ですが、
500円くらいで激怒する人は、
あまりいませんよね。

 

お金持ちの感覚で言うと、
500円程度で激怒する人は
皆無です。

 

その程度のことで怒るなんて、
時間とエネルギーの無駄だ、
とわかっているからです。

 

そういった
精神性が備わっていないと、
自分自身だけでなく、
家族や友達さえも
貧乏に引きずりこみ、
その結果、心まで
貧しくなってしまいます。

 

そういう人を見ると、
お金に関する
知識や習慣を身に付けて、
できるだけ早く
豊かな人生を送ってほしい
と思ってしまう藤崎です。

 

藤崎は、
お金の管理が得意でしたが、
家族をもったことで
さらに金銭管理能力が
必要になってきました。

 

そんな時、
あるものを使うことで、
お金をうまく使い、
時にはピンチを
切り抜けることができたので、
今回はそのあたりを
書いてみようと思います。

 

金銭管理能力を高め、金欠を回避する「あるもの」

先ほどお伝えした、
お金の管理をうまくなり、
金欠を切り抜ける
助けとなったものは、
クレジットカードです。

 

若い世代の方には
あまり知られていないようですが、
クレジットカードは
かなり役立ちます。

 

これまでお金の管理を
気にしてこなかった方ほど、
今後に役立つので、
参考にされてください。

 

メリットやデメリットを
押さえることで、
しっかりとお金を管理し、
有効に使うことができます。

 

無駄遣いをなくし、
欲しい物を買えるようになるので、
少しずつ学んでいきましょう。
 

クレジットカードを
発行するだけで、
数万円の得になる
裏ワザもありますので、
後半で紹介しようと思います。

 

あくまで発行だけなので、
使わなくても数万円をもらえます。

 

かなりお得ですよね。

 
では、いってみましょう。

 

メリット

支払いを後回しにできる

これが
最も大きなメリットであり、
クレジットカードの
優れたところです。

 

クレジットカードの支払いは、
後日口座から引き落とされる、
というケースがほとんどです。

 

なので、何かを買った時や、
外食した際の支払い時に
お金を持っていなくても大丈夫
というメリットがあります。

 

次の引き落とし日までに
口座にお金を
入れておけばいいので、
お金を持ってくるのを忘れた時や、
急な支払いが重なって
手持ちがない時などには
かなり重宝します。

 

例えば、
友達とご飯を食べに行って、
予想外に高くついた場合なら
「ちょっとだけ貸しておいて」
と頼めますが、
気になる異性や
仕事上の付き合いの人だと、
さすがに言いにくいですよね。

 

そういう時に
カードを持っていれば、
うまくピンチを乗り越えられる、
というわけです。

 

これはだいぶ助かりますよね。

 

クレジットカードの支払いは、
大抵の場合、
翌月か翌々月なので、
それまでの間に
なんとかすればいい、
ということになるので、
時間的にも余裕があります。

 

これだけの
時間的余裕ができれば、
その間に
給料なども入ると思うので、
大概の問題は
クリアできると言えるでしょう。

 

支払い方法がたくさんある

予想外の支出が増えて、
次回の引き落としまでに
お金が用意できそうにない、
という場合は、
支払い時に分割払いを
利用すれば大丈夫です。

 

藤崎が重宝している
楽天カードの場合、
最大36回払いまで可能です。

 

毎月の支払金額が減るので、
本当に欲しいものや
急いで買わなければいけない
必要なものがあった場合には、
かなり助かりますよね。

 

これなら
予想していなかった
支払いが生じても、
大抵の場合は乗り越えられます。

 

36回払いの間に、
返済計画をしっかり立てれば
いいだけですからね。

 

ただ分割払いにすると、
その分手数料も
多くかかりますので、
注意が必要ですが。

 

参考までに楽天カード
手数料を載せておきますね。

楽天カード分割支払い手数料の画像

 

ちなみに、
ボーナス払いだと
手数料はかかりません。

楽天カードボーナス払い手数料の画像

 

支払い方法を
選べるというのは、
本当に便利ですよね。

 

家族や友達に
「少しだけだから、
 お金、貸してくれない?」
なんて言いたくないですからね。

 

クレジットカードを
うまく使う事で、
こういうことを
回避できるわけです。

 

盗難補償・紛失補償がついている

クレジットカードの
優れたメリットとして、
盗難補償・紛失補償がついている
という点が挙げられます。

 

これらは、
日本国内で発行される
全てのカードについているので、
これは大きいですよね。

 

国内のカードには、
発行された時に
自動で付いていますので、
「自分のカードは
 盗難補償・紛失補償が
 ついていないかも・・・」
と心配することは
全くありません。

 

藤崎の知人には
財布を落とした経験がある、
という人が何人かいるのですが、
大抵の場合、
財布は見つからないか、
見つかったとしても
現金が抜き取られています。

 

この場合、
現金はもう返ってきませんが、
クレジットカードなら
盗難補償や紛失補償がついているので、
損害を受けることはなく、
再発行の手続きをすれば
返ってきます。

 

この違いはかなり大きいですよね。

 

ただし、
クレジットカードの
暗証番号を教えていたり、
他人にクレジットカードを
貸していた場合には
補償されません。

 

まぁ、
こんなことをしている人は
ほとんどいないでしょうから、
心配することはありませんが。

 

不正利用された場合

クレジットカードは
不正利用された日から60日以内に
カード会社に連絡しないと、
補償してもらえません。

利用明細の確認をしておらず、
クレジットカード会社に
不正利用されたという
連絡が遅れた場合、
補償してもらえませんので
注意が必要です。

 

そのため、利用明細は
毎月確認しておきたいですね。

 

まぁ、
カード払いにした金額を
大体でいいので把握しておけば、
請求される金額が
不自然に大きければ
気づけると思いますが。

 

これらの補償があるだけでも、
現金を持つよりカードの方が
安全だと言えますね。

 

ポイントが貯まる

クレジットカードには、
たいがいの場合
ポイントがつくように
なっています。

 

なので使えば使うほど、
ポイントが貯まっていきます。

 

カードによって異なりますが、
貯めたポイントは
現金と同様に使えたり、
商品券やカタログギフト、
マイルとして使えたりなど、
色んな使い方があります。

 

よくお店で買い物をする時に
「Tポイントカードを
 お持ちですか?」
と聞かれますが、
Tポイントが使えないお店も
結構ありますよね。

 

クレジットカードは、
カード払いができるところなら、
どこでもポイントを
貯めることができます。

 

その分、
ポイントを早く貯められるので、
賢い支払い方だと言えますね。

 

そういった点からも、
支払いは現金よりも
カードの方がお得である

と言えます。

 

ポイント還元率が高いカードは
楽天カードが有名ですね。

 

藤崎も楽天カードをよく使うのですが、
楽天カードを作ったのは
フリーターをしていた時でした。
 
なので、楽天カード
比較的、
審査に通りやすいのかも
しれませんね。

 

年会費も無料ですし、
楽天市場で買った場合には
ポイントが4倍になります。

 

楽天市場以外で買っても
1%のポイントがつくのですが、
1%だと思って侮っていると、
知らない間に損をしています。

 

10万円の支払いをすると、
1,000円分の
ポイントがつきますし、
100万円の買い物をしたら、
1万円分のポイントがつくので、
この差は地味に効いてきます。

 

楽天市場で買うと、ポイントが4倍なので
100万円の買い物をしたら
4万円分のお金がもらえるに等しい

ということですね。

 

これを使わないと、
気付かないうちに結構な額を
損をしていると言えます。

 

意外に知らない人が多いのですが、
光熱費の支払いも
クレジットカード払いにできるので、
なるべくカード払いにすることで、
ポイントが早く貯まりやすく、
その分お得になる、
ということを押さえておきたいですね。

 

光熱費なんて、
1ヶ月で1万円を超えることは
ザラにあるでしょうから、
毎月100円くらい
お得になりますからね。
 

また、ほとんどの
カードがそうであるように、
楽天カードも、
WEB上で利用残高の確認や
リボ払いへの変更ができるので、
かなり便利で、
いざという時に役立ちます。

 

さらに、
入会した時にポイントがもらえる
キャンペーンもあるので、
カードを作るだけでも
数千円分のポイントをもらえます。

 

なので、
これだけでも随分お得です。

 

ちなみに
2016年12月12日時点での
入会キャンペーンでは、
7,000円分のポイントが
もらえるということです。

楽天カード入会キャンペーン7000円の画像

 

まだカードを
持っていない人には
オススメですよ。

>>楽天カードを見てみる

 

考え方が柔軟な方には、
クレジットカードの発行を活用して、
数万円のお小遣いを
ゲットする方法も紹介しています。

>>一時的に数万円を稼げる簡単なサイト
 

この方法は、
あまり知られていませんが、
安全で確実に
副収入が得られるので、
人気の方法です。
 

もちろん違法性もゼロです。

 

クレジットヒストリー(信用)を作れる

クレジットヒストリーとは、
「お金に関する信用度」
みたいなものです。

 

クレジットカードの返済履歴は、
個人信用情報機関というところに
全て記録されます。

 

なので、
毎回支払いの期日を守って、
きっちり払っている人は、
それだけ信用される、
というわけです。

 

この信用が高まってくると、
家を買う時の住宅ローンや
車を買う時のローンなど、
大きな買い物をする時に
お金を借りやすい、
というメリットがあります。

 

「公務員は信用がある」
とよく言いますが、
これと同じ意味なんですね。

 

公務員は基本的に
クビにされないうえに、
毎年給料が上がるので、
お金を貸しても
ちゃんと返してくれる可能性が高い
という単純な話です。

 

なので藤崎は
公務員になってすぐに
家を買えたんですね。

>>公務員が不動産(家)を買う時の流れと住宅ローン(勤続年数)について

 

銀行振込、代引き手数料がかからない

ネットショッピングをする場合、
クレジットカードは大活躍します。

 

ご存知の方も
多いと思うのですが、
ネットショッピングをした時の
支払い方法は、
クレジットカードの他、
銀行振込や代引き、
コンビニ払いがあるんですね。

 

そして、
クレジットカード以外は
手数料がかかることが
ほとんどです。

 

クレジットカード払いだと
手数料が無料で買えることが多い上、
カード払いにした時の
ポイントが貯まります。

 

なので、
クレジットカード払いにすると
相当お得に買い物ができます。

 

デメリット

知らない間に使いすぎてしまう

クレジットカードは、
お金を使っている感覚が薄いので、
お金の管理が
苦手な方の中には、
知らない間に支払いが
膨らんでしまうという方も
いらっしゃいます。

 

そういう人にとっては、
クレジットカードは
「危険なシロモノ」と
思われているようです。
 

藤崎も家族や友達から
「クレジットカードなんて、
 持つのはやめなよ」
なんて言われたことが
何度かありました。

 

特におじいちゃんや
おばあちゃんから
注意されることが
多かったですね。

 

「知らない間に
 使いすぎてしまうから
 危ないよ」と。

 

確かに、
現金は目に見えるので、
お金の増減が
わかりやすいです。

 

ただ、
現金で管理をする必要はなくて、
カード払いの料金と
収入のバランスを
しっかり把握していれば
それでいいんですね。

 

お金の管理ができないから
クレジットカードを持たない、
ということではなく、
お金の管理をしっかりと
できるようにするために
クレジットカードを持てばいい

と、藤崎は考えています。

 

お金の管理がしっかりできないと、
今後の人生はかなり不安です。

 

クレジットカードには
メリットがたくさんあるので、
その利点をうまく活用しながら、
自分を成長させていくための
ツールだと思った方が、
何かとプラスにはたらきます。

 

「何かができないから、
 挑戦しない」
という考え方ではなく、
「何かをするために、
 どうすればいいか」
と考えることは、
非常に重要です。

 

時代の変化が
激しくなってきている
現代では、
「新しいことは苦手」
と思っていると、
どんどん取り残されて
損することになります。

 

クレジットカードも全く同じで、
現金払いよりも
お得に使えるメリットが
たくさんあるわけですから、
使わない方が損なんですね。

 

なので、
新しいものや見慣れないものを
必要以上に敬遠するのはやめて、
まずはどういうものなのかを
知ることから始めてみるのが
賢いやり方だ

と言えるでしょう。

 

分割払いにすると手数料がかかる

先ほどもお話ししましたが、
支払いが大きいと
ついつい分割払いにしがちであり、
そういう時には
手数料が発生します。

 

これは
ごく当たり前のことですが、
分割払いを増やした分だけ、
その分手数料が増えてしまって、
得するどころか
損してしまいます。

 

本当に支払いがキツい時には
分割払いをしてでも
乗り切る必要がありますが、
お金に余裕がある時には
分割払いは避けましょう。

 

先ほどの楽天カードの例で言うと、1年あたりの年率は15%前後です。

 

下の表にもあるように、
100円あたりの分割手数料は
数十円程度ですので、
支払いがキツい時に
お金を貸してもらっている、
という気持ちでいれば、
格安だと思います。

楽天カード分割支払い手数料の画像

 

もし分割払いという
支払い方法がなければ、
他の人に借りなければ
いけない状況だと考えると、
手数料くらいは
随分安く感じますね。

 

家族や友達に
「今回だけだから、
 お金を貸してくれないかな?」
なんてお願いをするくらいなら、
100円あたり数十円程度の
分割手数料は激安だと言えます。

 

分割手数料が高いから、
と言ってクレジットカードを
毛嫌いすると、
いざという時に
泣きを見ることになります。

 

考え方や意識の持ち方によって、
色んなことが見えてきますので、
できることなら
プラスに活用できるような
考え方を身に付けていきたいですね。

 

まとめ

では最後に、
クレジットカードの
長所・短所・学べることを
まとめておきます。

<学べること>
お金の使い方・管理方法

<メリット>
1.支払いを後回しにできる
2.支払い方法がたくさんある
3.盗難補償・紛失補償がついている
4.ポイントが貯まる
5.クレジットヒストリー(信用)を作れる
6.銀行振込、代引き手数料がかからない

<デメリット>
1.知らない間に使いすぎてしまう
2.分割払いにすると手数料がかかる

藤崎の場合、
1人暮らしの時は
自分の支出分だけを
コントロールしておけば
良かったので、
クレジットカードを使う意味が
全く分からず、
宝の持ち腐れ状態でした。

 

しかし結婚して
家族や子どもができてからは、
妻や子供の予測できない支払いが
大量に発生して、
気付けばお金が足りなくなる、
ということが当初あり、
クレジットカードを
重宝するようになったんですね。

 

クレジットカードは
支払いを先延ばしにできますので、
その間に対策がうてる
ということが最も大きな利点です。

 

もともとダメ人間だった藤崎。

 

「カードがあって良かったぁ」
と思ったことが何度あったか(笑)

 

妻の化粧品や車の維持費、
子供の教育費や服、
靴まで把握していないので、
そういう出費が重なると
カードを使って乗り切ろう、
って感じになりしたから。

 

最近は、
あまり現金を使い過ぎないように
しているので、
一定の額を超えると
カード払いに切り替えて
支払うというやり方をしています。

 

友達からは
「貯金があるんだから、
 わざわざカードを使わなくても・・・」
と言われるのですが、
いざという時に重宝されるのは、
やはり現金なので、
できる限り現金での出費は
押さえておきたいんですね。

 

カード払いなら現金が残りますし、
本当にいざという時のために
安心感が持てます。

 

実際にお金を支払うのも
翌月末か、翌々月になりますから、
予想外の支出が膨らんだ時には
カードを使って、
翌月の出費を抑えれば
いいわけですしね。

 
一人暮らしの方には、
まだカードの便利さは
分からないかもしれないですが、
支払い方法の選択肢が増える、
というのは非常に大きいので、
検討をオススメします。
 

まだカードを持っていなければ、
できれば2~3枚は
持っておいた方がいいと思いますよ。

 

ちなみに藤崎は
アルバイト時代に
楽天カードを作れたので、
楽天カードは比較的、
作りやすいんじゃないかなぁ
と思っています。

 

公務員になってからは、
信用がついたので
クレジットカードも
ラクラク作れるだろうと思って、
できる限り発行の手続きをしたら、
全ての審査に
スイスイと通ってしまいました。

 

6枚ほど発行の申請をして、
そのうち2社は審査が厳しい
クレジットカードだと聞いていたので、
発行できないと
思っていたのですが、
結局全てのカードが
発行されてしまいました。

 

やっぱり公務員っていうのは
すごいですね。

 

ただ、さすがに
そんなにたくさんの
クレジットカードは必要がないので、
半分は解約しましたが。

 

現在持っているカードは、
楽天カードと、
三井住友VISAカード

だけです。

 

三井住友VISAカード
は、世界中で利用できるお店が多く、そういう面からポイントが貯まりやすかったり、リボ払いをするとポイントが2倍になったり、1年の利用額が多いとポイントが増えたりするという特徴があるので、必要に応じて使い分けています。

 

ですが、たいがい使うのは
楽天カードの方ですので、
良かったら参考にしてください。

>>楽天カードを見てみる
>>三井住友VISAカードを見てみる

 

最後になりましたが、
クレジットカードの発行で
ちょっとした
お小遣い稼ぎができますので、
良かったら参考にどうぞ。

 
1万円程度なら
簡単に入ってくるので、
美味しい物でも
食べに行ってください(笑)

>>一時的に数万円を稼げる簡単なサイト

 

ではでは。




この記事もおもしろいかもしれません

>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

>>過労死認定された東大卒電通社員の自殺理由と二の舞を避ける注意点

>>人から好かれるための方法は、公務員試験合格にもつながる

>>適職探しと面接対策を約30分でできるコスパ抜群の方法

>>定年まで雇用が約束されるのは本当に安心できることなのか

>>「家、ついて行ってイイですか」のスーパー浪費旦那は家族を幸せにできるか

>>公務員の飲み会から学ぶ、出世する人・人望がある人の特徴とは

>>先人たちの教えが正しいとは限らない(間違い・注意点など)

>>仕事ができることと人間として優れているのは別の話

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員は神経質な人が異常に多いという話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ラッキーはポイント制ではないという画像イメージ
  2. エクセルスキルのイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。