占いの実体験から自分自身で考える力の重要性を学ぶ

この記事は9分で読めます




前回は、初詣に行ったお話しから、占い師がよく使う心理テクニックのお話をしました。

>>占い師が使う行動心理学テクニックを理解して無駄遣いを防ぐ
 

その中で、藤崎も占いにハマった時期があることを書いていたかと思います。
 

今回は、藤崎が占いに夢中になったダメすぎる理由と、実際に占いに行った時の体験記なんかを書いてみようと思います。

 

藤崎も占いにハマっていた

占いにハマった理由

ではまず、ダメ人間すぎるがゆえに藤崎が占いにハマった理由を赤裸々に暴露しようと思います。

 

それは、これです。

 

「最もラクして生きていけるように、自分に最適な選択肢を占いでラクして見つけたい」

 

かなりダメ人間の発想じゃないですか?(笑)

 

自分でも笑ってしまいます。

 

当時の藤崎は、特にやりたいこともなく、「どんな将来を迎えたいか」というイメージなど全くありませんでした。

 

なので、

「どうせならラクな人生を送りたい」
「さらに、どうすればラクな人生が送れのか、ラクに知りたい」

というような考え方です。

 

二重でダメな発想ですよね。

 

だからダメだったんですよ、藤崎は。

 

まぁ、まだ20歳そこそこの若輩者だったので、仕方ないと言えば仕方ないですし、こういう若者は少なくないかとは思います。

 

ただ、

「ダメな人が多いから、自分もダメでいい」
「若いかったから、馬鹿でも仕方ない」

なんて考え方では、一生負け犬に甘んじることになります。

 

それが嫌だったので、藤崎は今まで以上に自分の頭で考え始めたんですね。

 

至って単純な話です。

 

ちなみに、藤崎は今までに3,000円程度の占いに10回ほど浪費しています。

 

浪費っていうと、単なる無駄遣いのことでしたよね。
 

以前、お金には大きく分けて3つの使い方があり、どの使い方に重点を置くかで、より早く目的地にたどり着けるという記事を書いてますので、良かったら参考にしてください。

(参考)
>>お金の3つの使い方を把握し、効率的に成功に近づく方法と注意点

占い体験記

「藤崎が占い師に言われたこと」まとめ

では、藤崎がいかにダメな奴で、それゆえに占いにハマってしまったということをお話したところで、藤崎や友人の体験談を紹介しようと思います。

 

藤崎や友人ががいかにお金を無駄遣いしていたかをお伝えするので、皆さんは絶対に同じ過ちを繰り返さないようにしてくださいね。

 

占いに行くくらいなら、美味しいご飯でも食べてください(笑)

 

まずは藤崎自身が占いに行って、実際にどんなことを言われたのかを書いてみます。

 

すぐ後ろに藤崎の見解も書いておきますね。
 

「あなたは芸術の才能があり、32歳頃から能力が開花する」

→芸術の才能があると感じたことは今までに一度もなく、学校の成績も平均以下でした。

 

「あなたは一生、お金に苦労せず、ラクに暮らしていける」

→これを言われてから7〜8年ほど貧乏で、時には家賃を含めて、一ヶ月に10万円ちょっとで生活していた時期もありました。この占い師は、藤崎が言ってほしいことをストレートに言ってくれたので、そういう点では優れた占い師だったと言えます。占い師は、初対面の人の言動や服装などから、どういった性格で、どういう傾向のある人かを読み取る能力が高いほど、当たる占い師だと言われるからです。シャーロック・ホームズのように、外見や仕草から仕事や趣味なんかを探ることができる能力があれば、それだけ相手のことを当てやすいというわけですね。このように何気ない言動から、相手を探ることをコールドリーディングと言います。

 

「あなたはロクな仕事に就けず、フラフラして生きていくことになる」

→現在、一般的には安定していると言われている公務員をしています。これは上の占い師と全く逆のパターン。ちなみに藤崎の友達の親戚で、霊感があって、電話だけで占いができると噂の人でした。沖縄に住んでいたということで、藤崎も電話で占ってもらいました(ちなみにこの人は無料です)

 

「あなたは晩年になるほど運気が増す、大器晩成タイプだ」

→まだ晩年を迎えてないのでわかりません。ちなみに、晩年になると、こんな占いの話は忘れているでしょう。

 

「あなたはリーダーシップがあり、周囲の人たちから便りにされ、引っ張っていくタイプの人です」

→藤崎は人に指示をあおがれたり、頼りにされることが嫌いです。たまに尊敬されることがありますが、そういう時はわざと期待を裏切ってダメなところをアピールし、頼りにされることを避けてきました。

 

藤崎が占いに行った時に言われたこんなことは、こんな感じです。

 

他にも色々言われたのですが、血液型占いや星座占いに書いてあるようなことばかりです。

 

どれもこれもマユツバもので、3,000円も支払う価値のない情報ですよね。

 

こういうことを浪費と言うんですね。
 

藤崎の友人の占い話

ちなみに、藤崎の友達は、茨城県で当たると評判のお寺の住職に30,000円を支払って占ってもらった結果、ことごとく外れたせいでAV女優になってしまいました。

 

彼女は少しばかり名の知れたアイドルで、どうすればアイドルとして売れるのかを知りたくて占ってもらったのですが・・・残念な結果になりました。

 

もしかしたら、今後、盛り返して返り咲くのかもしれませんが。

 

撮影の前は特に異様なほど神経質になるという話を聞いて、「そりゃそうだよなぁ」と可哀想に思った記憶があります。

 

で、彼女が占ってもらった評判の住職は、業界人から教えてもらったということだったので、彼女が占いに行く時、藤崎も誘われて迷ったのですが、お金のない時期だったので断りました(笑)

 

「30,000円もするんだったら、さぞ当たるに違いない。業界人が噂するほどだから、かなり信憑性(しんぴょうせい)も高そうだし。これで占いは最後にして、思い切って占ってもらおうか・・・それで幸せになれるんなら安いものかもな。」

なんて迷ったのですが、お金がなかったら仕方ないですよね。

 

今にして思えば、本当に占ってもらわなくて良かったです。

 

藤崎の体験記

あと、これはまた違う人の話ですが、京都で有名な占い師がいて、オーラの雰囲気や色を感じ取って占う人がいるという噂を聞きました。

 

当時、占いにハマっていたこともあり、3,000円という金額だったので、友達と一緒に行ってみました。

 

例によって、水晶だとか、タロットだとか、そういう占い師っぽい雰囲気を演出するための内装やグッズが置いてありました。

 

そこで期待していたオーラを見てもらおうと、ワクワクしながら「占ってください!」とお願いしたものです。

 

それで「オーラを見てみます」と自信満々で言い放った占い師は、友達の背中の辺りに手をかざし、「今、オーラを送っているのでもうすぐ温かくなってきますよ」と、何やら念のようなものを送っているかのような、真剣な表情になりました。

 

藤崎は、「もしかして・・・もしかしてっ!」と期待で胸を弾ませました。

 

そして30秒ほど経った時。

 

「あっ、暖かくなってきた!」

と、藤崎の友達が驚きの声をあげました。

 

「えっ!マジで!?」と、それはそれは藤崎も喜びました。

 

「ついに本物の占い師に辿り着いた。これで一番ラクな人生を送れる」

 

藤崎は嬉しさと達成感でいっぱいでした。

 

そして、とうとう藤崎の番です。

 

例の如く、背中にオーラを送ってもらった藤崎は驚きました。

 

「あれっ、全然暖かくないぞ・・・?」

「いや、そんなことはない。やっと本物の占い師を見つけたんだ。きっと神経を集中すれば暖かさを感じるはず・・・」

(きたか?きたか?暖かい感じが・・・もうすぐだ。もう来るはずだ・・・)

「来たっ!」(本当は来てないけど)

「やっぱり来たよな!?」(友達)

 

・・・ということで、「本物の占い」は幕を閉じました。

 

後から聞いたところ、藤崎の友達も「実は気のせいかもしれないと思っていた」とのことでした(笑)

 

さらに、その占い師はブクブクと太っていたので、「デブだったから、手を近づけただけで暖かく感じたに違いない」との結論に達しました。

 

「そもそも本物の占い師だったら、占って欲しいことくらいは、こちら側から言う前に把握しているに違いない。」

「本物の占い師なら、占い師と相対した瞬間に『やはり来たか・・・』くらい言うはずだ。」

という考えに至ったんですね。

 

「何を占って欲しいですか?」

「生年月日はいつですか?」

「何に不安を感じていますか?」

などと聞くこと自体が、ニセモノ占い師であるということですね。

 

本物の占い師なら、こちらが一言も発しなくても、全てスラスラと答えてくれるはずです。

 

顔を合わせた瞬間に、「そろそろ来る頃だと思って、占いの結果をまとめておきました」といって、結果の用紙を渡されたら、その時は本物の占い師だと思っていいかもしれないですけどね(笑)

 

ちなみに、この占い師から言われたことは、上にも書きましたが「あなたは32歳頃から芸術の才能が開花する」という話です。

 

うろ覚えですが、オーラの色は緑色だったと記憶してます。

 

本当にどうでもいい情報ですが。

 

京都の占い師は鬼畜だった

で、さっきのAV女優の子とは別で、藤崎の友達で女優を目指していた女の子がいたのですが、後日、藤崎達がその話をしていたところ、彼女も占ってもらいたいと言ってきたんですね。

 

藤崎はもう、その占い師のことをまるっきり信じていなかったので、めんどくさくてついていかなかったのですが、代わりに別の男友達が付いていったんですね。

 

で、どうやらその時に電話番号を聞かれたそうなんです。

 

その後、占い師から彼女に電話がかかってきて、「あなたは数年後、胸の病気になる。今回は特別に無料で治してあげるから来てください。」と言われたそうです。

 

一緒に付いていった男友達と藤崎は「絶対に怪しい。行かない方がいい。」と説得したのですが・・・

 

結局、占い師のところに行って、胸をベタベタとまさぐられて帰ってきたそうです。

 

可愛い子だったので、かなり説得したのですが、藤崎や友達が知らない間にこっそり行ったので、一緒についていけなかったんですよね。

 

一緒に行ければ良かったのですが、おそらく内緒で1人で行ったということは、占い師からうまくいいくるめられたんだと思うんですよね。

 

「今回は特別に無料でやるので、1人で来てください。そうじゃないと、他のお客さんからクレームが入るんで」

というようなことでも言ったんでしょう。

 

当時、その女の子は確か18〜19歳だったので、そう考えると悪い大人ですよね。

 

それから藤崎達は、そのデブ占い師のことを鬼畜占い師と呼んで話のネタにしていました。
 

おかしな点に気付くべきでした

でも、よく考えると、ブクブクと太っているという時点で、なんとなく怪しいと感じるべきだったなぁと思います。

 

度を越して太っているので、明らかに不摂生な感じなんですね。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、不規則な生活・・・そういうものを全てやらないと、こんなに太れないだろ、っていう感じです。

 

自分の未来を占ったら、健康を害して早死にするパターンで、早死にしなくても、生活に支障が出るのは目に見えています。

 

よく当たると評判の占い師が未来をないがしろにしている。

 

これって普通に考えたら矛盾してますよね。

 

お坊さんなんかも、やたらと太っている人がいて、明らかに体質うんぬんの問題じゃないだろうって思うのですが。

 

お坊さんなら質素な生活をして、細身な体型になるはずですよね。

 

でも「坊さん丸儲け」という言葉の通り、お坊さんは税金を取られないので、まるまる儲けられます。

 

お賽銭・おみくじ・絵馬・祈祷なんかで稼いだお金は、全て自由に使うことができます。

 

そういったお金で良いものをバクバク食べれば、太るのは当然ですよね。

 

そんな煩悩まみれの生活を送った結果が体型に現れると考えれば、お坊さんの話がありがたいと思うこともありません。

 

藤崎からすれば、占い師もお坊さんも同じです。

 

根拠のないことを言うのがビジネスですから。

 

宗教は矛盾だらけ

こういう風に考え始めると、仏教だけでも色んな宗派があって、言ってることがバラバラだということに気付きます。

 

「一心不乱に南無阿弥陀仏と唱えれば極楽浄土に行ける」
「踊りながら念仏を唱えるのが有効だ」
「死ぬ寸前に南無阿弥陀仏と言えばいい」
「南無阿弥陀仏は口に出さないと意味がない」

などなど。
 

こんなくだらないこと、よく考えたなぁと思います。

 

しかも、こんな教えをもとにファン(信者)を増やしていったのですから、そうとうなセールステクニックの持ち主ですよね、お坊さんというのは。

 

まぁ、それを言い出すと宗教全てがそうですが。

 

崇高なことを教えているように思わせて、実はお金儲けをしているっていうところがあざといですよね。

 

「崇高な教えなら無料で教えろよ」って思います。

 

神だの教えだのと言って、昔から権力争いを繰り返してきたわけですからね。

 

「信じる者は救われる」
「仏の顔も三度まで」

なんていう言葉は、よく考えてみると神や仏を冒涜する言葉です。

 

なぜなら、

「神は信じる者しか救わないチンケな存在だ。」
「仏には人を包み込んだり、わかりやすく導くという優しさがなく、同じ過ちをした人にキレる」

と言ってるのと同じだからです。

 

現代でも続く宗教戦争は、
「あっちの宗教がうちの宗教をバカにした」
「あいつらが俺たちの聖地を奪った」
というような低俗なものであり、他者を認めようという心や共存しようとする気持ちがありません。

 

「考え方が違う奴は殺せ」

 

なんてアホな考え方なんでしょう。

 

違う考え方、生き方があってもいいじゃないですか。

 

というより、それが普通でしょ。

 

この世界には何十億人という人がいるんですから。

 

むしろ、全員同じという方が不自然でおかしいと思います。

 

藤崎から言わせると、自分の信仰を否定されて怒るなんて幼稚園児と同じです。

 

「そんなくだらない信仰は捨ててしまえ」と思います。

 

もっと言うと、「信仰がどうこう言うより、自分の頭で考えろよ」、っていうのが本音です。

 

誰かの受け売りを自分の考えにすり替えるのは、せめて高校生くらいまでにしてほしい。

 

ましてや、そんなくだらないことで戦争をするなんて、文字通り、バカげていますよね。

 

このサイトを見ていらっしゃる方は、自分で考える力を持っている方が多いですが、もしまだ自分にはできていないなぁと思うところがあったら、下の記事も参考になさってください。

(参考)
>>定年まで雇用が約束されるのは本当に安心できることなのか
>>コンビニのバイトができない奴は、ちゃんとした仕事もできない?

 

人間なんて、考え方を変えれば行動が変わってくるので、次第に結果も変わってくるものです。

 

どういう将来にしたいかをイメージしたら、あとはそれに必要なことを考えて行動していけばいいんですから。

 

少しずつの積み重ねが大きな差を生むので、地道に頑張っていきましょう。

 

ではでは。







この記事もおもしろいかもしれません

>>huluの無料登録をさらにお得にし、お小遣いまで稼げる裏ワザ

>>ハピタスをさらに活用し10倍の収入を得る裏ワザ・注意点、お詫び

>>適職探しと面接対策を約30分でできるコスパ抜群の方法

>>金銭管理能力をアップし、金欠の危機を回避できるスグレモノ

>>東大生の失敗から学ぶ、自分の力で考えて騙されないための方法

>>車のタイヤセールスをサラッとかわした話

>>金持ち・稼ぐのが悪でない理由、心理、注意点~経済の原理を簡単解説

>>お金の3つの使い方を把握し、効率的に成功に近づく方法と注意点

>>公務員の仕事は休みが多いのは本当か。(有給・看護・特別休暇)

>>公務員になって初めてやること=新人研修です。

>>毎日の仕事内容やスケジュールを具体的に公開(事務職員の1日)

>>公務員の事務職員が実際に使っているエクセルスキルを紹介。

>>公務員は神経質な人が異常に多いという話。

>>研修が終わったら、自分の課でお仕事が始まります。

>>面接で受かるための超実践的な裏テク(公務員・一般企業問わず)

>>人から好かれるための方法は、公務員試験合格にもつながる

よろしければ応援をお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 金持ちGOLDイメージ画像
  2. 新人美女の研修成功イメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。